新夕悦男アナのスノーボード実況『人類史上最高難度』が話題!プロフィール経歴年齢に学歴ハーフ?【北京五輪にったえつお】

オリンピックではたくさんの実力のある選手の活躍ももちろんですが、思いがけず解説やアナウンサーが話題になることが多いですよね。

その中でも今季の北京オリンピックにおいては、北京冬季五輪マスコットキャラクター「氷墩墩(ビン・ドゥンドゥン)」が好き過ぎることで有名になり現地で出待ちができるほどの人気の日本テレビアナウンサーの辻岡義堂アナウンサーが全世界で話題になっていますが、日本では新夕悦男(にったえつお)アナウンサーが話題なのはご存じですか?

北京五輪の新夕悦男アナのスノーボード実況『人類史上最高難度』が話題!プロフィールや経歴・年齢に学歴は?ハーフというのは本当?についてまとめてみました。

目次

新夕悦男アナのスノーボード実況『人類史上最高難度』が話題

北京オリンピックのスノーボード・男子ハーフパイプで念願の金メダルを獲得した平野歩夢(ひらのあゆむ)選手の実況を務めたのが、TBSの新夕悦男アナウンサーですよね。

テレビ実況で『人類史上最高難度』を連発したことで、Twitter(ツイッター)のトレンドに入るほど、ネット上で話題になりました!

「人類史上最高難度のルーティーンだ!」「今、現状で考えうる、人類ができる最高難度のトリック、ルーティーンです」と叫ぶ実況は耳に残っていますよね。『人類史上最高難度』というワードが平野歩夢選手の偉業をさらに大きなものにしたのではないでしょうか?

新夕悦男アナのプロフィール経歴・年齢

https://twitter.com/aaa88421046/status/1491996140338032650

新夕悦男アナウンサーのプロフィールをご紹介します。

名前:新夕悦男(にったえつお)
生年月日:1974年4月16日(年齢 48歳)
※2022年2月現在
出身地:京都府
出身大学:早稲田大学政治経済部政治学科
所属:TBSテレビ

新夕悦男アナウンサーは京都府立南八幡高校卒業を経て、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業し、1998年4月にTBSアナウンサー33期生として入社するという経歴を持っています。

アナウンサーとしての同期は駒田健吾さん、外山惠理さん野球、陸上、ボクシング、フィギュアスケートなどのスポーツ中継を担当するアナウンサーです。

2014年のソチオリンピックからジャパンコンソーシアムで日本のテレビ局の中継実況要員として派遣されています。

新夕悦男アナの学歴

新夕悦男アナウンサーの学歴は京都府立南八幡高校卒業、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業で、そのままTBSアナウンサーになっているため、優秀な方だと言えます。

京都府立南八幡高校は偏差値41と言われており京都府内ではそこまで偏差値だけで判断すると、そこまで高い高校ではありません。

その高校から、偏差値77と言われる早稲田大学政治経済学部政治学科に入学しているため、大変勉強されたのではないでしょうか。

新夕悦男アナはハーフ?

https://twitter.com/TakahashiNaoko/status/1464877022434394117

新夕悦男アナウンサーは顔立ちが濃いめではっきりしているため、ハーフと言われていますが、京都府綴喜郡田辺町(現・京田辺市)出身の純粋な日本人のようです。

趣味は写真の撮影やドライブ、邦画の鑑賞とスポーツではなさそうなのですが、2006年より先輩アナウンサーの佐藤文康アナウンサーから引き継いで「ベイスターマン2号」として、横浜DeNAベイスターズ主催試合中継の実況・リポーターとして活躍しています。

TBSにおいてスポーツ中継には新夕悦男アナウンサーは欠かせない存在になっていますので、今後も大きな試合に限らずスポーツ中継には登場することは多くなりますよね。

まとめ

https://twitter.com/hiruobi_tbs/status/1470638415767285760

2022年2月4日開幕、北京オリンピックのTBSテレビ新夕悦男(にったえつお)アナウンサーのスノーボードの実況『人類史上最高難度』が話題!プロフィールや経歴・年齢に学歴は?ハーフというのは本当?についてまとめてみましたがいかがでしたか?

スノーボードの実況や解説では毎回「ビッタビタ」など名言(迷言?)が生まれることでも有名ですよね!
今回も流行語になりそうなワードである『人類史上最高難度』もそうですが、大技トリックの連続に「ビタ着(ビタビタの着地)」という相変わらずの渡辺伸一さんワールドも前回でしたね!

今後も競技自体もそうですが、解説や実況にも耳に傾けて、より楽しんでいきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次