渡辺伸一(スノーボード解説)のwikiプロフィールに経歴成績!年齢結婚とビタビタが話題!

2022年北京オリンピックにおいて、スノーボード・男子ハーフパイプで史上初の金メダルを獲得した平野歩夢(ひらのあゆむ)選手の快挙に、日本が沸きましたよね!

しかし、スノーボードといえば、選手の快挙ももちろんですが、解説から繰り出されるワードが独特なことでもおなじみですよね!

スノーボード解説渡辺伸一(わたなべしんいち)さんのwikiプロフィールに経歴や成績について!年齢・結婚は?ビタビタが話題で超有名に?についてまとめました。

目次

『ビタビタのラン』『ビッタビタの着地』で解説の渡辺伸一さんが話題

『ビタビタのラン』『ビッタビタの着地』『ゴン攻め』など初めて聞いた時は皆さん「どういう意味?」と思いつつ、今ではすっかり定着した渡辺伸一さんの独特の解説が話題ですよね。

元は東京オリンピックの時にスケートボードの解説者だった瀬尻稜(せじりりょう)さんから始まったとは思いますが、ここまで広まったのは渡辺伸一さんの解説が大きいように思います。

意味合いとしては、「ピタっとハマる」という意味で技が綺麗に決まることの語感ではないかと思われます。
また『ゴン攻め』は難所にどんどん攻めて行くことが意味合いとしては合うのではないでしょうか。

渡辺伸一さんのプロフィール・経歴・年齢

https://twitter.com/ho9na3u0sa/status/1491967231018024964

渡辺伸一さんのプロフィールや経歴をご紹介します。

名前:渡辺伸一(わたなべしんいち)
生年月日:1977年3月17日
年齢:45歳
(2022年2月現在)
出身地:北海道札幌市

渡辺伸一さんは北海道の出身で、中学時代からプロ選手としてスノーボード、スケートの活動をしていた実力のある方です。

経歴としては、1996年にはFISワールドカップ3位になったことで、ナショナルチーム選出にされ、1999年にはJSBA(日本スノーボード協会)公認全日本選手権ハーフパイプで優勝し、JSBA公認プロ資格取得します。

1998年にはスノーボードショップ店長をしながら、長野オリンピックでスノーボードハーフパイプに出場するなど、スノーボード界をけん引した人物です。

渡辺伸一さんの成績

渡辺伸一さんの成績をまとめました。

1996年 FISワールドカップ 3位
1998年 長野オリンピックハーフパイプ 出場
1999年 JSBA公認全日本選手権ハーフパイプ 1位
2003年 全日本テクニカル選手権 1位

長野オリンピックにも出場しており、その際には「1080(テンエイティ)」という1080度回転(3回転)技をメイクしていた実力者ですが、残念ながら予選落ちだったそうです。

現在はご存知の通り、スノーボードの解説者も行う一方で、次世代スノーボーダーの育成に力を入れたスノーボード少年団COMPASの代表も務めています。

渡辺伸一さんの結婚や彼女情報

渡辺伸一さんは2022年2月現在で45歳ですが、結婚や彼女についての情報はあまり出回っていません。

そのため、現在既婚者かどうかも分からない状況ではありますが、落ち着いた年齢であることと、長野オリンピックに出場時にはすでにスノーボードショップ店長など幅広く活動されていますので、安定した生活送られている可能性があります。

ですが、今の時点で分かる情報がありませんので、わかり次第こちらで改めてまとめさせていただきます。

まとめ

2022年北京オリンピックでもスノーボード解説でお馴染みの渡辺伸一(わたなべしんいち)さんのwikiプロフィールに経歴や成績について!年齢・結婚は?ビタビタが話題で超有名に?についてまとめましたが、いかがでしたか?

独特なワードセンスでも話題ですが、スノーボード解説においてわかりやすさでは渡辺伸一さんの右に出る方はいないのではないでしょうか?

若手の実力のあるスノーボード選手が増えている日本ですので、今後のスノーボードの盛り上がりには欠かすことのできない人物であることは間違いないですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次