ヨナスブリューワー審判の顔画像SNSツイッターに賄賂買収陰謀?採点アメリカジャッジにスノーボード平野歩夢の89点【jonas brewer】

北京オリンピックのスノーボードハーフパイプで平野歩夢選手が決勝2本目で低い得点だったことに対して、世界中で大批判が起こっています。

そこで、89点をつけたのがアメリカの審判ヨナス・ブリューワー氏だと特定され、話題になっています。

今回はヨナス・ブリューワー氏の顔画像プロフィールやSNSツイッター、なぜ89点をつけたのか調べてみました。

目次

平野歩夢の決勝2本目の得点に大批判

スノーボードハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢選手ですが、世界中で2本目の得点が低すぎると審判に批判が集まっています!

誰が見ても1位になる最高得点が出ると思っていたのに、スウェーデン96点、フランス92点、アメリカ89点、日本95点、スイス90点、カナダ90点でした。

上と下の差がありすぎて、ありえない忖度されたようなジャッジに誰でもおかしいと感じました。当時ショーンホワイトの最後の引退試合だったために得点に余裕をもたせていたのではという疑問も上がっていました。

アメリカ89点を出したのはヨナス・ブリューワー審判

https://twitter.com/Vestige_du_jour/status/1491975217455206405

ちなみに今回の審判員ですが、

・Philippe Pilon(CAN)カナダ
・Carter Smith(CAN)カナダ
・Gaz Vogan(GBR)イギリス
・Adam Begg(AUS)オーストラリア
・Julien Haricot(FRA)フランス
・Markus Betschart(SUI)スイス
・Frederick Westman(SWE)スウェーデン
・Jonas Brewer(USA)アメリカ
・橋本涼(JPN)
日本

このようになっており、この中で6人が審判を担当したというわけですね。

そしてアメリカで89点をつけたのが、Jonas Brewer(ヨナス・ブリューワー)という人物ということでした。

ヨナス・ブリューワー審判の顔画像プロフィール

https://twitter.com/lilmissabbeyy/status/1491969555379331073

そんなヨナス・ブリューワー氏ですが、上記が顔画像のようです。ただ詳しいプロフィールは海外サイトを調べてもよくわかりませんでした。

ただ、一つわかったのは、なんと20年以上の審判経験があるそうです。そんな審判がこんなミスをするでしょうか?何か陰謀を感じます。

ちなみに他の90点をつけたカナダのカーター・スミス(Carter Smith)、スイスのマーカス・ベチャルト(Markus Betschart)も調べましたが、よくわかりませんでした。

ヨナス・ブリューワー審判のSNSやツイッター

そしてヨナス・ブリューワー氏のSNSやツイッターですが、同姓同名はいたのですが、本人のものではないようです。

審判ですので、特にSNSをやるかどうかはわかりませんが、海外の人ならやっていることが多いですよね。

ヨナス・ブリューワー審判の賄賂買収・陰謀にショーンへの忖度?

そこで、ヨナス・ブリューワー氏に向けられるのは、賄賂や買収されていたのではと言う問題や、まだ残っていたショーン・ホワイトへの忖度で得点に余裕を持たせていたことです。

ショーンホワイトはアメリカの選手なので、ヨナス氏もアメリカということで、忖度はできると思います。

どちらにせよ、真実を明らかにしてほしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次