三木つばきの高校中学に年齢!父親母親の評判にCMも【北京オリンピックアルペンスノーボード】

北京オリンピックアルペンスノーボードパラレル大回転に出場を決めている三木つばき(みきつばき)選手。キュートだけどかっこいい高校生オリンピアンに注目が集まっています。

今回は、三木つばき選手について、高校中学に年齢や父親母親の評判にCMなどについてまとめました。

目次

三木つばきの中学

三木つばき選手の出身中学校は、静岡県掛川市の掛川市立桜が丘中学校です。々は長野オリンピックが開催された長野県白馬村出身なのですが、幼い頃に掛川市に引越してきたのだとか。それからは掛川市在住とのことで、市を挙げて三木つばき選手のオリンピック出場を喜び、応援している様子がうかがえます。

2017年からは掛川市の「輝くかけがわ応援大使」に任命されており、掛川市や静岡県の企業からのスポンサードが多いことからも、地元に愛されている選手なんだな、ということがわかりますね。

4歳から始めたスノーボードの練習には、長野まで通ってやっていたそうです。寮生活を送り、ひとりで練習に打ち込むこともあったとか。行動力や競技に対してのモチベーションに驚かされますよね。

三木つばきの高校

三木つばき選手の高校は熊本にある通信制の勇志国際高校アスリート科に在学中です。通信制ということや、アスリートに特化した学科ということで、練習や世界大会の転戦などもしやすい環境なのだろうと思います。

とはいえ、勉強しながらの競技の生活はさぞかし大変なのだろうなと思います。通信制ということで、自分のペースで学習出来るのはやりやすくていいでしょうね。

最近は意外と通信制の学校で学びながら競技を続けるアスリートが増えていて、学び方の選択肢も増えてきたんだなと感じます。

三木つばきの父親

https://twitter.com/ABLE_D_official/status/1485832991565774848

三木つばき選手の父親、浩二さんは、かつてスノーボードのテクニカルの種目で日本一に輝いた名選手でもあります。スノーボード界では相当有名な選手だったそうで、三木つばき選手もこのDNAを引き継いだのかもしれませんね。

娘のスノーボード競技を応援したりコーチをしたりしていたのかと思いきや、反対していた、というエピソードがあったのには驚きました。競技人生の厳しさを知るからこそ、競技とは違うところで生活して欲しかったのかもしれません。

だからこそ、冬場に3ヶ月も親元を離れて山ごもり生活をしてまでもプロになることを諦めなかったのではないでしょうか。

三木つばきの母親の評判

https://twitter.com/catalerofficial/status/1482949739952111617

三木つばき選手の母親である志保子さんは、三木つばき選手がプロになるのを反対していたという話があります。というのも、父、浩二さんが日本一になっても食べていけなかったので、それを追いかけるといっても生活ができるかなという不安があったといいます。

毎年『こういう課題をクリアしないと続けられないよ』っていう負荷をかけ続けながら過ごしてきたのだとか。小学校6年生までにプロになれと言い続けたそうです。そしてその約束を見事に果たしました。

今は志保子さんもしっかり娘の練習や競技を応援し、サポートしているそうです。スポンサーの獲得もそうですが、家族の理解やサポートがなければ競技の継続はなかなか難しい現実があるのでしょうね。

三木つばき出演のCM

三木つばき選手は、静岡県掛川市にある、キャタラーという会社の所属であり、CM出演などをしています。このキャタラーはトヨタグループの会社であり、触媒と呼ばれる車関係の部品製造メーカーです。

YouTubeなどにイメージ動画が多数アップロードされており、とてもかっこいい仕上がりとなっています。再生回数もかなり伸びており、企業のCMとしては異例かもしれません。私も見ましたが、とてもかっこよくてモチベーションが上がるような、そんな素敵な動画でした。

機会があれば一度見てみてください。高校生とは思えないくらいの凛々しいまなざしは、一瞬でファンになりますよ!

まとめ

もうすぐ始まる北京オリンピック。ウィンタースポーツの最高峰であり、白熱した試合になることは言うまでもありません。昨年の東京オリンピックでも10代や20代前半の若い選手が大活躍を見せ、メダルラッシュに沸いたことも記憶に新しく、今回の北京オリンピックでも若手の活躍が期待されています。

最近では珍しくなくなった10代でのオリンピック出場。期待の高校生ボーダーの活躍に、心から期待したいところです。三木つばき選手、かっこいい滑りを見せてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次