今井胡桃(くるみ)のwikiプロフィール経歴に身長年齢!両親家族も【北京五輪スノーボードハーフパイプ】

今井胡桃(いまいくるみ)選手は22年北京オリンピックのハーフパイプで出場予定のスノーボード選手です。小柄で可愛らしい笑顔が話題ですが、平昌五輪の出場経験や世界選手権でも優勝、最近では19年冬季ユニバーシアード優勝日本でもトップ成績を誇っています。注目されないわけがありません!

負けず嫌いや大家族、兄もプロスノーボーダーという情報が入っていますが、実際のところどうなのでしょうか?また、スノーボードの経歴なども気になりますね!今回はそんな今井選手のプロフィールや身長、家族など気になる情報をリサーチしてみました!

目次

今井胡桃が冬季北京オリンピックスノーボードハーフパイプに出場

今井選手が北京オリンピックでスノーボードハーフパイプの代表選手として選出されました!ハーフパイプはその名の通り円筒を半分にして横に倒した形状をしたフィールドで、往復しながら5回から6回の技を繰り出してエアの高さ・技の難易度・技の完成度を競う競技です。

日本は世界的にもスノーボードハーフパイプでトップレベルです。日本代表の選手が毎年世界大会等でトップ10に入っており、そのレベルの高さが伺えますね。前回の平昌オリンピックにも日本代表として出場している今井選手。得意技はフロントサイドナインという横に二回転半する技とインタビューで答えていました。なんとワールドカップに回っているメンバーしかできないというレベルのようです。

今回の大会でも得意のフロントサイドナインが繰り出されるのでしょうか!?その他の技にも注目してぜひ応援していきたいですね!

今井胡桃のプロフィール・経歴・年齢

  • 今井胡桃(いまいくるみ)
  • 長野県上田市出身
  • 1999年9月24日 生まれで年齢 22歳(2022年1月時点)
  • 上田市立丸子北中学校、佐久長聖高等学校卒業
  • 松本大学に在学中

今井選手がスノーボードを始めたのは5歳の時で、父親と兄がスノーボードをやっていたことがきっかけのようです。小学校2年生の時に地元のハーフパイプ大会で優勝できなかったことが悔しくて、本気で競技に向き合おうと決めたとインタビューで話していました。チャーミングな笑顔で人気ですが、負けず嫌いな一面もありますね!

その後第29回全日本スノーボード選手権大会で初優勝を飾り、史上最年少10歳でプロ資格を取得しています。また、中学校2年生で全日本スキー選手権大会でも史上最年少優勝と、既に10代前半で頭角を表しています。実力の高さと粘り強さが幼少期から培われているようですね!

今井胡桃の身長体重・スタイル

現在公開されている今井選手身長は148㎝、体重は約50㎏です。ダイナミックなパフォーマンスでいつも会場を沸かせる今井選手ですが、体格は小柄な印象ですね!スノーボードは特に太腿の筋肉を使う競技なので、きちんと筋肉がついた健康的な体型を維持していると思われます。

また、今井選手のスポンサーには大手スノーボードメーカーのBURTONがついています。女性向けのFeelgoodシリーズをよく着用しており、明るい色合いの可愛らしいスタイルでも話題になっていますね!今大会でのボードやウェアにもぜひ注目してみてください!

今井胡桃の両親や家族

今井選手五人兄妹の末っ子で、七人家族です。父親と二人の兄がもともとスノーボードをしており、うち1人の兄は現在プロスノーボーダーとして活躍している今井郁海選手です。長野県は冬の降雪量も多いため、自然と家族でスノーボードに取り組める環境だったかもしれませんね!

今井郁海選手今井選手3歳年上の兄です。今回の北京オリンピックには残念ながら出場できませんでしたが、9歳でSAJの大会に初出場し準優勝、13歳でプロ資格を取得、2018年にはナショナルチャンピオンシップで5位と国内外でも活躍しています。今井選手一家のプロの血筋を感じますね!

大家族ながらもプロスノーボーダーが2人も誕生している今井選手のご家族。今大会も日本から大きなエールで今井選手をサポートしているのではないでしょうか!

まとめ

  • 今井選手は冬季北京オリンピックスノーボードハーフパイプに出場
  • 今井選手は5歳でスノーボードを始め、史上最年少10歳でプロ資格を取得、中学校2年生で全日本スキー選手権大会でも史上最年少優勝等多くの実績を残している
  • 今井選手身長は148㎝、体重は約50㎏
  • 五人兄妹の末っ子で、七人家族

小柄で可愛らしい印象がある反面、大胆な滑りと華麗な実績のある今井選手ぜひ今大会での活躍に注目してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次