小栗大地の結婚妻嫁彼女に障害事故!出身地愛知県に父親母親兄弟【北京パラリンピック/スノーボード】

今回取り上げるのは、北京パラリンピックでスノーボードチームのキャプテンである、小栗大地選手になります。小栗選手にとってのパラリンピックは今回で2大会目。昨シーズンはワールドカップの年間総合王者となるなど、成績をあげており、メダル獲得の期待が高まっています。

今回は、小栗大地選手の妻や事故、出身地と家族について調べてみました。

目次

小栗大地の結婚の妻や彼女情報

小栗大地選手は2014年4月1日に妻の智子さんと結婚されていて、3人のお子さんがいます。智子さんとは怪我をする前から付き合っていたそうです。

元々健常者の時からプロスノーボーダーとして活動していた小栗選手。怪我がつきものですから、あまり無茶をしないで欲しいというのが智子さんの本音のようです。

2021年4月のイタリア遠征後のインタビューで小栗選手は、3人の子供たちと遊んだり、ゆっくりしたいとコメントされています。競技を行っていると家を離れることが多いですから、やはりご家族の存在が大きいみたいですね!

小栗大地の障害・事故

小栗大地選手はもともとは健常者でプロスノーボーダーでした。ですが、それだけでは生活が出来なかったため、後述する三進化学工業で、仕事を始めます。

事故が起こったのは32歳の時でした。重さ2トンの鉄板の束が足に落下し、結果右足を失うことになってしまいます。足を失うという事実に普通なら取り乱したりしそうですが、小栗選手の場合はスノーボードができるのか?と思ったそうです。

元々の性格もあるのでしょうが、すごく前向きな方だなと思います!普通の人ではこうはいかないですよね!

小栗大地の出身地は愛知県名古屋市

小栗大地選手の出身は、愛知県名古屋市になります。小栗選手の所属している三進化学工業は、名古屋市天白区にあります。

事故が起こった際、三進化学工業の近藤伸泰社長は「あいつの一生を背負う」と決心したそうです。平昌パラリンピック以前は、現場仕事から設計の仕事にシフトしたり、遠征は出勤扱いで費用もサポートしてもらっていたようです。

平昌以降は、北京パラリンピックにむけて競技に専念させてもらっているようです。事故の責任もあるでしょうが、なにより小栗選手の頑張りを認めてサポートされているんでしょうね!

小栗大地の父親母親兄弟

小栗大地選手の両親や兄弟の有無について調べてみましたが、情報はありませんでした。

小栗選手は右足の義足をむき出しにして滑っていますが、その理由としては、多くの人に義足を知ってもらいたいという思いがあるようです。彼自身足を失った際にあまり落ち込まなかったのは、自身が義足の存在を知っていたことが大きかったようなので、自身の経験からきているみたいですね!

人が経験したことがない経験をしてみたいと考えている小栗選手。彼のどこまでも前向きでチャレンジ精神旺盛な考え方は、ご両親の育て方からきているのでしょうか?一度聞いてみたいですね!

まとめ

今回は、小栗大地選手の妻や事故、出身地と家族について調べてみましたが、いかがたったでしょうか。

前回の平昌冬季パラリンピックではバンクドスラロームで6位、スノーボードクロスでは7位という成績だった小栗選手。北京に向けて会社の協力のもと、ワールドカップで優勝するまでに成長しています。北京パラリンピックではメダル獲得なるでしょうか!応援していきたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次