阿部友里香の結婚彼氏に障害!出身地岩手県に父親母親兄弟【北京パラリンピック/バイアスロン/クロスカントリースキー】

もうすぐ北京パラリンピックが開幕しますね。阿部友里香選手は岩手県山田町出身で現在26歳になります。生まれたときに肩の神経が傷ついた影響で、左腕が動かない障害があります。阿部選手はクロスカントリースキーやバイアスロンで活躍している選手でソチ、平昌パラリンピックに出場し、今回の北京パラリンピックで3大会連続出場となります。

今回は、阿部友里香選手の結婚彼氏に障害!出身地岩手県に父親母親兄弟について調べてみました。

目次

阿部友里香の結婚や彼氏情報

阿部友里香選手はブログで結婚の報告をされています!そのブログは2021年10月29日に公開されていて、そこでは「報告が遅くなった」と書かれているので実際の結婚時期はそれより前になります。

阿部選手のお相手の男性は一般の方のようで、お名前等の情報はありませんでしたが、大学時代からのお付き合いだったようです。長年の付き合いみたいですから彼女の競技のサポートもされているんでしょうね!

阿部友里香の障害

阿部友里香選手は出生の際、肩の神経が傷ついてしまって、左腕に機能麻痺が残り動かすことがほとんどできなくなってしまいました。生まれてすぐに障害を負った状態だったこともあって、日常生活で不便さを感じることはあったものの、明るく活発な幼少期だったようです。

阿部選手は小学校低学年の時に手術を受けています。ですが結果的に左腕を動かすことができませんでした。手術の際クラスの友達が寄せ書きをくれたりしていますし、バレーボールやボーイスカウトに入るなどアクティブに動いていますから、彼女はポジティブなマインドで友達も多かったのではないでしょうか。

阿部友里香の出身地は岩手県山田町

阿部友里香選手の出身地は、岩手県山田町になります。山田町は、岩手県にある三陸海岸のど真ん中、太平洋に面している町です。

ここは2011年3月11日の東日本大震災によって、高台の一部を残して町内は壊滅的被害を受けてしまいました。現在は、陸中山田駅周辺に市街地を集約、地盤を3メートルかさ上げし高さ10メートルの防潮堤で再度の津波から守る工事が実施されています。

阿部選手も中学3年生当時被災されています。卒業式前日の出来事だったようで、ご家族はみんな無事だったそうですが、大津波の影響で全てがなくなったみたいです。大変な経験をされていますね!

阿部友里香の父親母親兄弟

阿部友里香選手の父の名前は達也さん、母は英美さん、兄は友和さん、妹は友希菜さんになります。東日本大震災の時は大変だったようで、家もなくなってしまった阿部一家は、離れ離れの生活を余儀なくされたようです。

父の達也さんは仕事の関係で山田町の仮設住宅に一人残り、母の英美さんと兄弟たちは母の実家のある宮古市に、一緒に住んでいた祖父母は盛岡市の親戚宅で生活をすることになったようです。当時は本当に大変だったと思いますが、皆さん無事でよかったですよね!

まとめ

・阿部友里香選手は大学時代から付き合っていた男性と結婚
・阿部友里香選手の障害は左上腕機能不全
・阿部友里香選手の出身地は東日本大震災で大規模な被害を受けた岩手県山田町
・阿部友里香選手の父親は達也さん、母は英美さん、兄は友和さん、妹は友希菜さん

結婚後初のパラリンピックになる今回の北京パラリンピック。これまでと違った気持ちで競技に挑まれるのでしょうね!震災に障害と大変な困難を乗り越え、競技にむかっている阿部友里香選手を応援しましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる