出来島桃子の中学高校大学!スポンサー年収に所属と今現在と過去【北京パラリンピック/クロスカントリースキー】

北京パラリンピックが開幕します!今大会ではバイアスロンや距離スキー等でパラリンピックになんと5大会連続で出場している出来島桃子(できじまももこ)選手も出場します。

パラリンピック常連選手としても今注目されている出来島選手。期待がかかりますね!

今回はそんな出来島選手の中学・高校・大学やスポンサー、年収に所属、また今現在や過去についてリサーチしてみました!

[ad]

目次

出来島桃子の中学高校大学

出来島選手は新潟県立新潟南高等学校を卒業し、新潟大学工学部を卒業されています。主に出身中学については公表されていませんでした。

大学卒業後は公務員試験に合格し、現在は出身県にある新発田市役所に勤務されています。

現在射撃も始めているようで、クロスカントリースキーやバイアスロンの種目だけでなく、様々なスポーツに挑戦されていることがわかりますね!

[ad]

出来島桃子のスポンサー・年収

出来島選手の年収は特に公開されていませんでしたが、新潟県の市役所職員の平均当たりである600万円程度ではないかと思われます。

スポンサーはヤマザキビスケット株式会社、株式会社日立ソリューションズや株式会社ゴールドウィンなどが出来島選手を含めたパラノルディックスキーの日本チームを応援しています。

その他にメディア出演や賞金の出る大会、イベントなどでは大きく活躍されていないようですので、市役所でのお給料がメインなのではないでしょうか!

[ad]

出来島桃子の所属

出来島選手は新発田市役所所属となっています。普段は市役所職員として働かれていますが、休日やウィンターシーズンになると練習に励まれているのではないでしょうか。

本格的に競技を始めたのは26歳からといいますが、5大会連続出場ということもあり、周りのサポートや応援も大きいに違いありませんね!

ぜひ今大会でも金メダル目指して頑張って欲しいです!

[ad]

出来島桃子の今現在と過去

出来島選手は大学1年生の19歳の時、原因不明の右脇の痛みを感じ、悪性腫瘍の摘出手術を受けました。腫瘍は摘出されましたが、右腕に障害が残ることとなりました。

手術から4年後の26歳の時、新潟県妙高市で障害者向けのスキー体験会が開かれることを知り、参加したのがスキー選手として活動するきっかけだったそうです。

「転んでも痛くなさそう」と軽い気持ちで参加したと語っていますが、ここまで実力を挙げる才能や努力があって素晴らしいですね!ぜひ今後の活躍にも注目してみてください!

[ad]

まとめ

いかがだったでしょうか!26歳の時にスキーと出会い、様々な種目でも活躍しつつ今回5大会連続で出場している出来島選手。

普段は市役所の職員として働いているため、日々の努力の積み重ねが大きな実力や実績につながっているのではないでしょうか!

今大会でも金メダル獲得を目指してぜひ奮闘して欲しいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる