ショーンホワイトの板ウェアや技とスタンス!若い頃や平野歩夢との関係も【スノーボード北京オリンピック】

ショーン・ロジャー・ホワイト選手はアメリカでは「年収800万ドルのスーパースター」と呼ばれ、ミュージシャンやプロモーターなど幅広く活動しているアメリカのプロスノーボード、スケートボード選手です。

今季の北京オリンピックで5度目の五輪出場となるショーン・ホワイト選手ですが、オリンピックでは3度の金メダリストに輝いている圧倒的王者でもあります。

北京オリンピックのスノーボードのアメリカ合衆国代表のショーンホワイト選手の板やウェア、技とスタンスの特徴は?若い頃や平野歩夢(ひらのあゆむ)選手との関係も、リサーチしてみました!

目次

ショーン・ホワイトの板やウェアのブランド

スノーボードでオリンピック5大会連続出場のレジェンドでもあるショーン・ホワイト選手は、高さとスピードが重視されますが、王者となる彼が使用している板は「BURTON(バートン)」というブランドを使用しています。

スノーボードグッズはもちろんですが、オフシーズンも活躍するアパレルやバッグも展開しているブランドになり、BURTONショーン・ホワイト選手は10年契約を結んでおり、BURTONのグローバルチームでも活躍していますので、いわゆるスポンサーになります。

そのため、BURTONには板以外にもウエアなど「ショーン・ホワイトモデル」が存在しています。

ショーン・ホワイトの技・テクニック・スタンス

ショーン・ホワイト選手は「彼が現れてから技がどんどん進化した」と言われており、スノーボード界の功労者といっても過言ではありません。

最後のエアで「ダブルマックツイスト」という超大技を披露するなど、簡単にマネのできない、雪煙さえもかっこいいのがショーン・ホワイト選手のプレイスタイルです。

テクニックの進化の先頭には常にショーン・ホワイト選手がいると言われ、少し狭いスタンス幅のライダーが多い現在ですが、ショーン・ホワイト選手はスタンス幅が広く、他のライダーと明らかにスタイルが異なって見えるのが特徴です。

ショーン・ホワイトの若い頃

ショーン・ホワイト選手は6歳の時、カリフォルニア州のジューンマウンテンでスノーボードを始めます。その前はスキーをしていたとのことで、スポーツ好きの両親や兄の影響と言われています。

7歳にはすでにスポンサーがついていたというから、スノーボーダーの中でも最も多くのX-Games金メダルとオリンピック金メダルの世界記録を保持するのも必然だったと思われます。

スノーボードだけではなく、スケートボードに関しても実力があり、予選で98.50をたたき出すなど、圧倒的王者と言っていいでしょう。

ショーン・ホワイトと平野歩夢の関係

ショーン・ホワイト選手と平野歩夢選手ですが、12歳という年齢差はありますが、お互いをライバルとして認め合っています。

平野歩夢選手を応援する日本人としては、前回の平昌オリンピックの際にも二人の勝負は力を入れてみていたと思います。「平野歩夢は人類最強、ショーン・ホワイトは神様」とネット上で言われているのも事実です。

平野歩夢選手は同じスノーボード・スケートボードで世界で活躍し、レジェンドと言われるショーン・ホワイト選手を憧れとしながらも、最大のライバルと言えることで、お互い切磋琢磨されているんだと思います。

まとめ

北京オリンピックのスノーボードのアメリカ合衆国代表のショーンホワイト選手の板やウェア、技とスタンスの特徴は?若い頃や平野歩夢(ひらのあゆむ)選手との関係について、まとめてみましたが、いかがでしたか?

北京五輪に平野歩夢選手と平野海祝(ひらのかいしゅう)選手兄弟で日本代表に選出されていますが、立ちはだかる大きな壁でもあるショーン・ホワイト選手にどのように挑んでいくのでしょうか。

レジェンドショーン・ホワイト選手は、今季の北京五輪で引退を表明しています。最後の大勝負がどんな結果になるのか、皆さんで応援してきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次