住吉輝紗良(きさら)のwikiプロフィール経歴に年齢身長!中学高校大学も【モーグル北京オリンピック】

北京オリンピックのスキーフリースタイル女子モーグルの予選が始まりました。今回初出場となる住吉輝紗良(すみよしきさら)選手は15位となり、2月6日の予選2回目から決勝進出を狙っていきます。

今回はこの住吉輝紗良選手についてwikiプロフィール経歴に年齢身長や中学高校大学などを調べました。

目次

住吉輝紗良が北京オリンピックのモーグルに出場

2022年2月4日、華々しく開会した北京冬季オリンピック。この大会に住吉輝紗良選手がモーグル女子日本代表として出場します。開会式に先駆け、2月3日に行われた予選1回目ではキレのあるターンから1、2回のエアともにバックフリップを決め30秒25でフィニッシュした。結果は68・14点で全体15位となり、決勝進出の10枠を逃したものの、2回目の予選で決勝進出を狙っていきます。

一足先に終了した男子モーグルでは、堀島行真(ほりしまいくま)選手が今大会初の金メダルを獲得していることや、女子モーグルのエース川村あんり(かわむらあんり)選手1回目の予選で決勝進出を決めていることからも、住吉輝紗良選手が後に続くことを期待しているファンも多そうです。

住吉輝紗良のプロフィール・経歴・年齢

名前:住吉 輝紗良(すみよし きさら)
出身地:北海道虻田郡倶知安町
生年月日:2000年3月8日
年齢:21歳
所属:日本大学

出身地である北海道倶知安町は雪が多い山岳地帯のため、スキーが盛んな街でもあります。住吉輝紗良選手も幼少期からスキーに慣れ親しみ、小学4年生まではアルペン、小学5年生で出会ったモーグルの面白さにハマってしまったのだとか。小学6年生の時には大会に出て優勝するなど、元々素質があったのかもしれません。

北海道では小学校や中学校で地域によってはスキー学習が冬に行われるため、比較的小さい頃からスキーを教える親御さんも多いのですが、そこからプロを目指す、ということは少なくないそうです。

住吉輝紗良の身長体重・スタイル

身長:165cm
体重:53Kg

住吉輝紗良選手は比較的普通のスタイルに見えます。しかしながらフリースタイルモーグルはこぶを滑り、ジャンプ台からエアを決める競技でもあるため、足腰などの下半身は相当鍛えられているようにも見受けられます。

ある意味アスリートらしいスタイルをしているのではないでしょうか。少しでも体重が増減してしまうと、トリックの時のバランスの取り方が変わってしまいそうですし、体型管理はもしかしたらとても厳密なのかもしれません。

住吉輝紗良の中学高校大学

中学校:倶知安町立倶知安中学校
高校:北海道倶知安高等学校
大学:日本大学

住吉輝紗良選手が高校進学の際には地元の高校にスキー部はあったものの、モーグル部門がなかったため、競技自体を辞めることも考えたそうです。しかし、倶知安高校スキー部の顧問の先生が住吉輝紗良選手のために3年限定でモーグル部門を作るなど、支援体制を整えてくれたのだとか。

住吉輝紗良選手は手厚いサポートを受けながら高校1年の冬にはワールドカップデビューを果たします。その後は代表チーム常連となったことからも、しっかりと質の良い練習ができていた証明なんでしょうね。夏の間は陸上部として活動し、足腰を鍛え上げていたのだとか。今現在は日本大学に在籍しています。

まとめ

2018年平昌大会では惜しくも代表入りを逃し、悔しい思いを経ての北京大会。この先は考えていない、というコメントもあったようで、大学卒業と同時に競技引退となるのか、もったいないという声が多数上がっている住吉輝紗良選手。

とはいえ、まだまだ競技中のため、今から進退を気にしても仕方ないような気もしますよね。おそらく結果次第で翻意もあり得そうな気もしますし、おそらく慰留もするでしょうけれど、ちょっと動向が気になります。

ストイックなまでの努力を積み重ね、やっと手にしたオリンピックの出場切符。悔いのないようにしっかりとぶつけてほしいですね。いい結果を楽しみにしていますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次