ショーンホワイトのwikiプロフィール経歴!バートン移籍に成績や世界ランキングも【スノーボード北京オリンピック】

ショーン・ホワイト選手は13歳でプロになり、これまで4度のオリンピック出場、うち3個の金メダルを獲得しています。自身5度目となる北京オリンピック代表メンバーに選ばれ、オリンピック後に引退を明言するなど、その動向にも注目が集まっています。

今回は、スノーボードアメリカ代表ショーン・ホワイト選手のwikiプロフィール経歴!バートン移籍に成績や世界ランキングについて調べてみました。

目次

ショーン・ホワイトが北京オリンピックスノーボードに出場

ショーン・ホワイト選手は今回の北京オリンピックで5大会連続出場となります。現在35歳になる彼は、昨年末に新型コロナウイルスに感染し、1月8日のW杯では足首を痛め途中棄権をするなど、衰えもでてきているようです。それは本人も自覚していて、「正直体のあちこちに年齢的なサインが出るが、今でも高いレベルで戦えるのは名誉なこと」とコメントしています。

1月15日にスイスで開催されたW杯で3位に入り、代表メンバーに選ばれたという経緯があります。またショーン・ホワイト選手は、「北京オリンピック後に引退するだろう」ということを表明しているため、これが最後のオリンピックになりそうです。やはり年齢からくるフィジカルが引退要因なんでしょうね!

ショーン・ホワイトのプロフィール・経歴

名前:ショーン・ロジャー・ホワイト(Shaun Roger White)
生年月日:1986年9月3日
年齢:35歳
生誕地:カリフォルニア州サンディエゴ
愛称:「赤毛のアニマル」「The Flying Tomato」(空飛ぶトマト)

ショーン・ホワイト選手は生後3か月の時、心臓の手術を2度受けています。幼少の頃は、自宅の庭でスケートボードやトランポリンなどで遊んでいたそうです。6歳の時にスノーボードを始め、7歳の時には12歳以下のアマチュア部門で優勝しています。スケートボードの経験が生きていたんですね!

スノーボードメーカーのバートン・スノーボードと13歳の時からスポンサー契約を結び、プロスノーボーダー、プロスケートボーダーに転向しています。以降Xゲームズ等の大会で数々のタイトルを獲得する活躍を見せており、オリンピックではこれまで4度出場し3つの金メダルを獲得しています。また、ショーン・ホワイト選手はミュージシャンやプロモーター、ゲーム制作等、幅広く活動しています。レジェンドなだけにマルチに活躍していますね!

ショーン・ホワイトの成績・世界ランキング

2006年トリノオリンピック:金メダル
2010年バンクーバーオリンピック:金メダル
2014年ソチオリンピック:4位
2018年平昌オリンピック:金メダル

Xゲームズのスーパーパイプ、スロープスタイルで優勝多数のショーン・ホワイト選手。過去4大会のオリンピックの成績は上記のとおり、4度出場して3度金メダルを獲得する圧倒的王者の記録を誇っています。平昌後はスケートボードで東京オリンピックを目指したため(断念しています)か、2021年3月の大会までスノーボードの大会に出ていませんでした。

ショーン・ホワイト選手の2022年1月15日時点の世界ランキングは4位です。ちなみに日本勢のランキングはというと、平野歩夢(1位)平野流佳(2位)戸塚優斗(5位)平野海祝(7位)となっています。ランキングがすべてではないものの、メディアによっては日本勢の表彰台独占もありうるといった予想もされているようです。

35歳で全盛期には及ばないかもしれませんが、これだけできるショーンはやはりレジェンドですよね!オリンピックでの日本勢とのメダル争いに期待しましょう!

ショーン・ホワイトはバートンから移籍?

バートンは 2008年にショーン・ホワイトとの10年契約を交わしていたようです。大体3度目の平昌オリンピックまでの計算になりますね!バートンのウェブサイトをチェックしてみると、グローバルライダーのページに、ショーン・ホワイトはいないので契約は終了しているものと思われます。

彼自身「年収800万ドルのスーパースター」と呼ばれるくらいなので、バートンとの契約が終わってもビクともしないのでしょうね。

まとめ

今回は、北京オリンピックスノーボードハーフパイプアメリカ代表、ショーン・ホワイト選手のwikiプロフィール経歴!バートン移籍に成績や世界ランキングについて、まとめてみましたがいかがたったでしょうか。

数々の記録を打ち立ててきたショーン・ホワイト選手の最後のオリンピックになる北京大会。最後と明言している以上、相当気合も入っているはずです!彼が本番でどんなパフォーマンスをみせてくれるかに期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次