小松原尊の読み方やハーフで国籍帰化と身長!アメリカ出身に羽生結弦との関係も【北京五輪2022アイスダンス】

とうとうやってきました開幕直前!2月4日北京オリンピックが始まります。冬季の五輪で花形の競技といえば、
フィギュアスケート。日本人選手も多く出場し、メダル獲得の可能性が高いです。

そんなフィギュアスケート競技の中でもアイスダンスの種目に出場する小松原尊(こまつばら・たける)・小松原美里ペア。最後まで高橋大輔・村元哉中ペアと争い、つかみ取った代表なのです。

今回は、小松原尊選手の名前の読み方やハーフで国籍帰化したこと、身長やアメリカ出身について、また羽生結弦との知る人ぞ知る感動話を調べてみました!

目次

小松原尊の読み方

https://twitter.com/miichan728/status/1472839859773779968

小松原尊選手の名前の読み方は「こまつばら たける」です。日本に帰化した際の日本名として、ペアのパートナーでもある奥様・小松原美里選手のお母様が考えたそうです。日本武尊(やまとたける)から取ったそうです。

本人も大変気に入っておられるそうで、とっても日本男性らしい素敵な名前ですね。

大和魂を持って、ぜひオリンピックで頑張ってほしいです

小松原尊の出身はアメリカ!国籍は日本で帰化

https://twitter.com/Timkoleto/status/1339214906491432960

小松原尊選手は生まれはアメリカ合衆国で、ハーフではなくアメリカ人でした。元々はティム・コレトという名前で現在もSNSでは併記しておられます。2016年に小松原美里選手とペアを組み、2017年に結婚し公私ともにパートナーとなりました。2020年に帰化し日本国籍を取得。奥様とともに、日本代表として名乗りを上げることができたのです。

ツイッターを見ますと、まだたどたどしい日本語で一生懸命書いている様子が見られ、かえって好感を持たれているようです。

小松原尊の身長体重・スタイル

一番右端にいる小松原尊選手の写真を見る限り、高身長ですらっとしたモデルのようなスタイル、顔も小さくイケメンです!

小松原尊選手の身長はなんと187cm体重は79kg。スマートでリンクの上ではひときわ目立ちます。ちなみにペアを組む奥様の身長は161cmです。アイスダンスはパートナーを持ち上げたり、息を合わせて演技する競技なので小松原尊選手はアイスダンスにピッタリかもしれませんね

小松原尊と羽生結弦との関係

小松原尊選手と羽生結弦選手は仲が良いようで、ツイッターには、すれ違いざまに羽生結弦選手が小松原選手の膝の上に座るというかわいらしくも、二人の仲のよさが見られる様子がアップされています。

また、小松原尊選手は羽生結弦選手からかけられた大事な言葉について、2021年3月世界選手権後にこのようにツイッターでつぶやいています。

「たけちゃん。心で光があるので、どうゆうことがあってもあなたのスケート変わらないよ」(原文ママ)

心に光がある、どんなことがあってもあなたのスケートは変わらない。小松原尊選手は、「その言葉を忘れられない。世界選手権でもすごく緊張したとき思い出した」ということを書いています。世界王者の羽生結弦選手だからこそ言えるとても優しさあふれる感動的な言葉です。小松原選手は緊張したり辛くなってもこの言葉を思い出し、リンクの上に立っていることでしょう。

まとめ

今回は北京オリンピック、アイスダンスに出場する、小松原尊選手の名前の読み方や、アメリカ出身のアメリカ人だけれども、アイスダンスのペアを組んでいた小松原美里選手と結婚、日本国籍を取得し日本名となったこと。高身長にスラッとしたスタイルや羽生結弦選手との感動的なお話について調べて見ました。

フィギュアスケート、男子女子シングルも楽しみですが、アイスダンスもとても華麗で美しい競技です。小松原尊選手・小松原美里選手ペアを応援しましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次