冨田せなのwikiプロフィール経歴に小学校中学高校!戦績実績とインスタTwitter【北京五輪2022スノーボードハーフパイプ】

北京オリンピック・スノーボードハーフパイプの日本代表が発表され、平野歩夢・平野海祝、冨田せな・ 冨田るき、二組の兄弟姉妹が出場選手に含まれていることがわかりました! しかも、4人とも新潟の開志高校出身。この記事ではその中の冨田姉妹の姉のほう、冨田せな(とみたせな)選手についてご紹介します。

目次

冨田せなのプロフィール・経歴

冨田せなさんのプロフィールを紹介します。

名 前:冨田せな(とみたせな)
誕生日:1999年10月5日・22歳(2022年1月現在)
出 身:新潟県妙高市
身 長:160cm
所 属:チームアルビレックス新潟

冨田せなさんは新潟県妙高市出身のプロスノーボーダーです。妙高市は新潟と長野の県ざかいで富山県も近くです。ユーチューバーのHIKAKINさんも妙高市出身ですね。

3歳からスノーボードを始め、小学1年生の時に大会に初出場しました。中学1年生で出場した大会ではたくさんの有望な選手を抑えて優勝。2012年には新潟県石打丸山スキー場で行われた大会で3位になり、プロに昇格しました。

中学3年になると全日本選手権で3位になり、ナショナルチームに召集されました。高校3年では平昌オリンピックに出場、みごと入賞しました。

しかしオリンピック後は、ワールドカップの練習中に転倒して脳震とうになってしまったり、3シーズン連続で怪我に悩まされ、2021年が本格復帰だったようです。

回転技が得意で、小さいころ器械体操やトランポリンもやっていたおかげで空中での回転に抵抗がないそうです。

2つ年下の妹の冨田るきさんもプロスノーボーダーで、この冬の活躍はすばらしく、やはり北京オリンピック代表に選ばれました。

冨田せなの小学校中学高校

冨田せなさんは新潟県妙高市立妙高小学校出身です。上のツイートの写真は平昌オリンピック後の在校生との交流会のようです。中学校は妙高市立妙高中学校です。

冨田せなさんの出身高校は平野歩夢選手と同じ私立開志国際高校で、アスリートコースを卒業しました。 開志国際高校は同じ新潟県でも山形県寄りで、妙高市からは直線距離でも片道150kmくらい離れています。

その後、全日本ウィンタースポーツ専門学校(JWSC)プロフェッショナル養成科へと進学し、卒業後も同校で講師を務めています。こちらは高校とは逆で妙高市内で通学通勤も楽そうですね。

冨田せなの戦績や実績

冨田せな選手の戦績を簡単に紹介します!

2017年 Burton US OPEN 4位
2018年 平昌オリンピック 8位
2019年 全日本スキー選手権スノーボードHP 優勝
2021年 世界選手権 4位

2017年のUS OPENは、世界最高峰の舞台であるのにもかかわらず、シニアデビューしたばりの少女が表彰台の手前まで行ったことで話題になりました。

平昌オリンピックでは、本人的には納得のいくパフォーマンスではありませんでしたが、とても印象深く楽しい大会だったらしく、また挑戦してみたい、と胸に刻んだ出来事だったようです。

冨田せなのインスタやTwitterアカウント

冨田せな選手のインスタのアドレス:
https://www.instagram.com/sena_tomita/

冨田せな選手のtwitterアドレス:
https://twitter.com/sena_tomita

twitterでは平井大さんやJustin Bieberをフォローしてるので、その辺が好きな音楽のタイプなのでしょう。

まとめ

冨田せな選手新潟県妙高市出身のスノーボーダーで、開志高校~全日本ウィンタースポーツ専門学校卒業。2017年のUS OPENで注目され、平昌五輪で8位入賞。その後大きな怪我も経験しながら2021年に完全復活して、妹のるきさんと共に北京オリンピック出場をきめた、ということがわかりました。

地表から10メートル以上の空中へ両足を固定したまま速いスピードで体を投げ出し複雑な回転をするスノーボード・ハーフパイプ。オリンピックでは選手たちの緊張感をリアルタイムで感じながら華麗な技を味わいたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次