サル痘(サルとう)感染の30代男性東京都在住は誰?感染経路や渡航先の国は?

今年に入り欧米などで感染者数が増加している感染症のサル痘ですが、この度日本でも初めてサル痘に感染した方が見つかったようです。世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言したばかりのタイミングで、入ってきたこの一報に注目されている方も多いのではないでしょうか!

そこで今回は、サル痘(サルとう)に感染してしまった東京都在住の30代男性は誰なのか?や男性の感染した経路と渡航先の国についてリサーチしてみようと思います。

目次

サル痘が日本国内で感染が確認

世界保健機関(WHO)によって緊急事態が宣言されるほど、海外での感染事例が増えているサル痘という感染症ですが、2022年7月25日になってとうとう日本国内でもこのウイルスに感染した人物が確認されたようです。

入国規制が緩められているタイミングですから、遅かれ早かれ感染する人が出てくることは想定される事態でしたよね!ただ現状コロナの方で手一杯な印象のある、保健所や医療機関に更なる負担がかかってくることが、想定できるので心配になってしまいますね!

サル痘感染の30代男性は誰?

今回国内で初めてサル痘への感染が確認されていますが、現段階ではその情報について多く報じられているわけではありません。感染してしまったのは東京都に在住している30代の男性だとされています。この方の名前などの情報は報じられていないようで、確認できませんでした。

この男性の症状は、発熱や発疹といった症状が出ているものの、状態は安定しており都内の医療機関で治療を受けているそうです。病気ですし犯罪を犯したわけではないので、プライバシーの観点から報じられていないのも当然ですね!

東京都在住で移動範囲は?

今回感染が確認された男性ですが、日本国内での行動範囲に関しての情報ですが現段階で報じられていないようで分かりませんでした。

今回の発表は政府関係者による取材から報じられています。そのため政府機関などで男性に対して行動の聞き取り調査は行っているものと思われますが、国内でどこに行ったのかは報道がないので心配になってしまいますね!

今回のサル痘というウイルスは、発症している人の飛沫や発疹や皮膚、使っていた寝具などに接触することで感染が広がっていくタイプのウイルスと言われています。そういう意味では、きちんと行動履歴などを追うことができれば、コロナのように猛威をふるうことはないかもしれませんね!

サル痘感染の30代男性の渡航先の国は?

サル痘への感染が確認されている30代の男性ですが、海外に渡航していたことが分かっています。この男性は、6月にヨーロッパへ渡航、7月中旬に帰国したとされています。渡航中に感染者との接触もあったとされています。

具体的な国名に関しては、今のところ情報が上がっていません。時間がたてば渡航先の国の情報は出てくるかもしれませんね!

ちなみに感染が増加傾向にある欧米では、現状亡くなった方はいないようです。サル痘の潜伏期間は7~14日程度ということで、海外からの入国が今以上に増えてきたときにきちんと対処できるのか、政府の対応に注目が集まりそうですね!

まとめ

今回は、国内で初確認されたサル痘に感染した30代男性のトピックを取り上げて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

サル痘というウイルスで引き起こされる症状は、発疹や発熱にリンパ節の腫脹という症状がみられるそうです。致死率は、1~10%程度とされていますが、先進国である欧米では亡くなった方が今のところ出ていないということで、そこだけは救いなのかもしれません!

いずれにせよ一刻も早く欧米で収まってくれないと、日本国内での感染例も徐々に増えてくるかもしれませんね!コロナもありますから、これまでどおり感染対策に気を付けて生活をするしかないですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次