ディーン元気の今現在の結婚彼女や筋肉と高校中学!年齢身長にハーフで父親母親【やり投げ/世界陸上】

アメリカ現地時間7月15日(日本では16日)に始まった世界陸上2022オレゴンですが、環境の良さも相まって好パフォーマンスが続いていますね!過去に男子のやり投げでロンドンオリンピックに出場経験のあるディーン元気選手ですが、世界陸上には初出場となります。

今回は、世界陸上のやり投げの代表ディーン元気選手のプロフィールや年齢、今現在に結婚や彼女の情報と筋肉や身長、体重にくわえ彼の卒業した中学、高校、大学とハーフなのかを父親、母親の情報からリサーチしてみようと思います。

目次

ディーン元気のプロフィール・経歴・年齢

・生年月日:1991年12月30日
・年齢:30歳(2022年7月現在)
・出身:兵庫県神戸市
・身長:182cm
・体重:88kg
・所属:ミズノトラッククラブ
・種目:やり投げ
・自己ベスト:84メートル28(2012年)

ディーン元気選手は、2022年7月現在30歳になります。今のディーン選手の専門種目であるやり投げを始めたのは、高校に入ってからで、円盤投げの選手でもありました。大学に進学した際、やり投げの方に専念しています。

ディーン選手は、2010年に行われた世界ジュニア陸上競技選手権大会で銀メダルを獲得し、日本陸上競技選手権大会で3位となる成績を残しています。2012年にはロンドンオリンピック日本代表選考会で、ディーン選手の自己ベストとなる84メートル28を記録しています。

同年に開催されたロンドンオリンピックに出場をはたし、予選82メートル07で決勝進出し、79メートル95で10位という結果を残しています。

以降は故障から成績は低迷していたものの、2020年にはセカンドベストとなる84メートル05を出すなど復調を見せ、2022年の日本選手権で優勝。2022年世界陸上の出場をディーン選手は決めています。

キャリアは長い印象のあるディーン選手ですが、意外なことに世界陸上は初出場になります。調子を取り戻しつつある印象ですから、ぜひ決勝進出してほしいですね!

ディーン元気の今現在

2012年に開催されたロンドンオリンピックで右脇腹を痛め、その後ケガに苦しみ長らく低迷していたディーン元気選手。2017年には休養をとり、ケガを治すことに専念しています。

その効果もあり復調していきますが、大切な試合では結果を出すことができず、東京オリンピックへの出場も逃してしまいました。

ただ今季は復活を遂げ、5月の木南道孝記念で81メートル91を記録し、6月の日本選手権では81メートル02を出し10年ぶりとなる優勝をはたしています。

ディーン選手の自己ベスト84メートル28には届いていませんが、コンスタントに80メートルオーバーの投擲を見せてくれていますから、復活したと言っていいかもしれません。

ディーン元気の結婚や彼女情報

イケメンのディーン元気選手ですが、結婚したという情報はないため、2022年7月現在結婚されていないようです。

今のディーン選手は30歳ですから、そろそろ結婚を考えてもおかしくはない年齢ですが、彼女の存在に関しても確認できませんでした。

高校時代やロンドンオリンピック以降脚光を浴びた後には、彼女らしき人とのデートを目撃されていたようですが、直近では情報がないようです。

現在ディーン選手はフィンランドを拠点にして大会にのぞんでいるようです。今は復活期にありますから、恋愛よりやり投げのほうに集中しているのかもしれませんね!

ディーン元気の筋肉と身長体重

ディーン元気選手の身長と体重について見ていきたいと思います。ディーン選手の所属しているミズノのページにて確認ができ、身長は182cm、体重は88kgとなっています。やり投げの選手ということもあって立派な体格をされていますよね!

やはりその体格もあって皆さん気になるのか、ディーン選手のグーグル検索には筋肉のワードもあります。彼の画像を見ても筋肉がすごいですよね!

そんなディーン選手のトレーニングの模様が見ることができる彼のユーチューブチャンネルがあります。彼のチャンネル名は「ディーン元気と愉快な仲間たち」になります。気になる方は見に行ってみてはいかがでしょうか!

ディーン元気の中学高校大学

ディーン元気選手の出身校について見ていきましょう!ディーン選手は神戸市立平野中学校に通っていました。このころお兄さんの影響で陸上競技をはじめ、全中の砲丸投げで4位、3年生の時にはジュニアオリンピックの円盤投げで優勝しています。また四種競技にも取り組んでいました。

高校は尼崎市立尼崎高等学校に進学し、ここでやり投げのキャリアをスタートさせています。高校では3年生の時に行われたインターハイで、やり投げと円盤投げの二冠に輝き、八種競技も行っていました。

やり投げに専念したのは、大学に進学してからのことで、早稲田大学スポーツ科学部に進んでいます。大学卒業後は、現在の所属となるミズノで競技を続けています。

今回の世界陸上では、高校の後輩にあたる女子やり投げの武本紗栄選手も出場しますよ!二人とも初出場になりますが、ビックスローを見せてほしいですね!

ディーン元気はハーフ?父親母親

ディーン元気選手は、名前や彼の外見からも想像がつくようにハーフの選手になります。

ディーン選手のお父さんがイギリス人、お母さんが日本人です。ディーン選手にはお姉さんとお兄さんがいて、3人姉弟の末っ子として元気選手が誕生しています。

ディーン選手のお父さんの出身は、イングランドのニューカッスル出身でラグビーの選手をしていました。お父さんが来日したのは20代の時で、剣道を学ぶためだったそうです。

ディーン選手の体つきを見ると立派な体格ですよね!もちろん本人の努力もあるでしょうが、骨格といったところはお父さんからの影響も大きそうです。

まとめ

今回は、世界陸上2022オレゴン大会に初出場が決まっているディーン元気選手の情報を見てきましたが、いかがだったでしょうか?

ロンドンオリンピック以降、ケガなどで低迷したことにより長らく国際大会の舞台から遠ざかっていたディーン元気選手。復活しつつある彼にはぜひ決勝進出してほしいですね!

ディーン選手の出場する男子やり投げは、大会7日目となる7月22日より予選がスタートします。ディーン選手の活躍に期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次