吉村玲美のwikiプロフィール経歴と大東文化大学に高校中学!彼氏や身長年齢も【世界陸上】

2022年7月15日から開催中のオレゴン2022世界陸上競技選手権大会2日目の7月16日、アメリカ・オレゴン州のヘイワード・フィールドスタジアムで女子3000m障害物予選が行われました。

若手注目株の1人としても注目されている選手吉村玲美 (よしむら れいみ) 選手が出場。2019年の世界陸上に続いて2回目の出場となりましたが、予選敗退という結果に終わってしました。

今回は、吉村玲美選手のwikiプロフィールや経歴と大東文化大学に高校中学、彼氏や身長、年齢についてご紹介します。

目次

吉村玲美のプロフィール・経歴・年齢

・名前:吉村 玲美 (よしむら れいみ)
・生年月日:2000年4月22日
・出身地:神奈川県茅ヶ崎市
・身長:160cm
・体重:46kg
・特技:ギター、ミサンガ作り
・所属:大東文化大学  

吉村 玲美 (よしむら れいみ) 選手は、2000年4月22日生まれ、22歳 (2022年7月現在) の陸上競技選手です。

茅ヶ崎市立浜須賀中学校でバスケットボール部に所属していましたが、校内の持久走大会で優勝したことで走る楽しさを知った吉村選手。陸上経験者の父親に競技転向の相談したところ、やるなら強いところでと背中を押され、高校陸上の強豪校・白鵬女子高等学校に進む決意をしました。

2016年白鵬女子高等学校に入学後、本格的に陸上競技を始めました。2019年大東文化大学スポーツ・健康科学部スポーツ科学科に進学し、陸上競技部に所属。

高校2年では山形インターハイに出場し1500m、3000mで決勝進出や全国女子駅伝に出場し区間賞を獲得。さらに高校3年では三重インターハイの1500m、3000mで入賞。高校3年生の時に出場した日本陸上競技選手権大会では、3000m障害に出場し決勝で、従来の日本高校記録を2年ぶりに塗り替えました。

高校を卒業後、大東文化大学に進学し、大学1年では第103回日本選手権3000m障害でタイム9分50秒44のU-20日本新記録で初優勝を果たしました。その後日本インカレでも優勝し、2019世界陸上選手権に出場するも決勝進出にはなりませんでした。そして、全日本大学女子駅伝ではチームが準優勝に終わりました。

そして、2019世界陸上選手権に続いてオレゴン2022世界陸上競技選手権大会に出場するが決まり、これで世界陸上2大会連続の出場となりました。

吉村玲美の中学高校大学

神奈川県茅ヶ崎市出身である吉村玲美選手。

そして陸上競技で日本トップクラスの実力を持つ吉村選手ですが、茅ヶ崎市立浜須賀中学校に入学してからは、ではバスケットボール部に所属していました。

しかし中学校で陸上に出会った吉村選手は中学校卒業後、県内屈指の陸上の強豪校である、白鵬女子高等学校のスポーツ・健康科学部スポーツ科学科に進学し陸上競技部に入部後は、メキメキ頭角を現していき、競技歴2年にも関わらず高校3年生の時に出場した日本陸上競技選手権大会陸上3000m障害で日本高校新記録を樹立したのです。

高校を卒業後は、大東文化大学に進学。そして、2019年の世界陸上選手権に初出場し、2022年にはオレゴン2022世界陸上競技選手権大会への出場が決まり、世界陸上2大会連続の出場となりました。

吉村玲美の身長体重

吉村玲美選手の身長は160cm体重は46kgです。

身長は日本女性の平均的な身長といえるのではないでしょうか。吉村選手の身長に対して標準体重は約55㎏ぐらいのようなので、標準を下回っていますね。

やはり、陸上競技で鍛え抜かれた体であるのは間違いないので、体脂肪率も低いことでしょう。まさに陸上のために作り上げられた体と言えるのではないでしょうか。

吉村玲美の彼氏情報

吉村玲美選手の彼氏に関して調べてみましたが、どうやら現在は彼氏といった存在はいないようです。

まだまだ、22歳と若い吉村選手。これからたくさんが出会いあることでしょう。しかし、現在は陸上競技に全力で取り組んでいると思うので無理なく陸上に邁進してほしいですね。

まとめ

今回は、吉村玲美選手のプロフィールや経歴などについてご紹介しました。

高校時代から陸上競技を始めてから、成長著しい吉村選手。日本選手権で一気に注目され、これからの陸上界の星としても期待されています。

大学4年生で学生最後のオレゴン2022世界陸上競技選手権大会へ出場。残念ながら予選敗退となってしまいましたが、吉村選手にとっては新たな目標ができた刺激のあるレースになったのではないでしょうか。

吉村選手のこれからの陸上競技生活をまだまだ応援したいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次