武本紗栄のwikiプロフィールにハーフで高校大学中学!身長体重年齢も【やり投げ/世界陸上】

現在世界陸上2022オレゴン大会が開催しており、日本代表の活躍も相まって注目されている方も多いですね!今回の日本代表選手は初出場という選手が多数います!女子やり投げに出場する武本紗栄選手もそのうちの一人になります。

今回は、世界陸上のやり投げに出場が決まっている武本紗栄選手のwikiプロフィールに年齢と身長や体重について、彼女はハーフなのかや卒業した中学、高校、大学についてリサーチしてみようと思います。

目次

武本紗栄のプロフィール・経歴・年齢

・名前:武本紗栄(たけもと さえ)
・生年月日:1999年11月23日生まれ
・年齢:22歳(2022年7月現在)
・所属:佐賀県スポーツ協会
・自己ベスト:やり投 62m39(2021.6 日本学生陸上競技個人選手権)
・出身:神戸市

武本紗栄選手は2022年7月現在、22歳となります。武本選手は小学生時代兄弟の影響もあって野球をしていました。代役でキャッチャーを務めた際、強肩に驚くくらいで盗塁を許さなかったとのこと。また小学6年生の時には、ソフトボール投げで68m65を記録しています。

今の武本選手の専門種目となるやり投げを本格的に始めたのは、高校に入ってからで高校3年時にインターハイと国体で優勝し、高校歴代7位の56m44を記録しています。

武本選手は2021年6月5日、神奈川で行われた日本学生個人選手権で自己ベストとなる62m39のビッグスローで優勝、2022世界陸上オレゴンの選考会を兼ねた日本選手権では、60メートル84で3位という記録を残しています。今回武本選手にとって初となる世界陸上へ出場することが発表されています。

武本紗栄の身長体重

https://twitter.com/jaaf_official/status/1535576026352590848

武本紗栄選手の身長や体重についてですが、公式なデータはないようです。これは2021年度より日本陸連が個人情報保護を強め、選手の身長や体重といったデータの公表をやめていることが理由の一つにあげられます。

武本選手に関しては、2018年の記事で身長161㎝と記載されているものがありました。武本選手の種目である投擲種目は体格がいい選手が多いですが、画像を見ると彼女が小柄な体系をされていることが分かりますね!

武本紗栄はハーフ?

武本紗栄選手のグーグル検索ワードにはセットでハーフの文字があります。リサーチしてみたところ武本選手がハーフであるという情報はありませんでした。

検索の上位ページの中を見ていくと、ハーフマラソンやハーフパイプという言葉が使われているページの表示がありました。

また同じやり投げの北口榛花選手もハーフと検索されていることから、競技の特性上ハーフなのかと検索されている方が多いのかもしれません。実際男子の方でディーン元気選手がハーフですし、体格がものをいう競技のせいなのかもしれないですね!

武本紗栄の中学高校大学

ここでは、武本紗栄選手の出身校について見ていきたいと思います。武本選手の中学校は彼女の出身兵庫県にある神戸市立白川台中学校になります。通称は「白中」と呼ばれている学校です。

高校は、尼崎市立尼崎高校に通っていました。地元の人は市尼と呼んでいるようで、県立にも尼崎高校があるため区別するためにそう呼ばれているようです。この学校の卒業生には武本選手と同じやり投げで活躍しているディーン元気選手もいます。ディーン選手にアドバイスを高校時代うけており、武本選手は彼のことを神様と答えています。

高校卒業した後は、大阪体育大学に武本選手は入学しており、2022年より現在の所属となる佐賀県スポーツ協会に入っています。

まとめ

今回は、世界陸上オレゴンに出場する女子やり投げの代表、武本紗栄選手について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

日本人女性としては、平均的な身長の武本選手ですが、投擲種目においては小柄な部類に入ってしまいます。そんな彼女から繰り出される豪快なスローに期待したいですね!

ちなみに武本選手の出場する女子やり投げの予選は、大会6日目7月21日に行われます。初めての世界選手権となる武本選手のことをこれからも応援していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次