小池祐貴の彼女結婚と身長体重!トレーニング筋肉と高校中学大学【世界陸上】

日本人選手の快挙で注目度が高まっている『世界陸上競技選手権大会』ですが、元々期待の高かった選手のみならず記録を出していますよね!

陸上競技ではやはり100mがスター競技ではありますが、それ以外の競技でも日本人選手がたくさんの実績を上げていて、盛り上がっていますよね。

そこで今回は世界陸上に出場する小池祐貴(こいけゆうき)選手彼女や結婚について、身長や体重、中学・高校や大学などのプロフィールは?トレーニングと筋肉が凄いと話題について、調査しました!

目次

小池祐貴の彼女や結婚

1995年5月13日生まれで2022年7月現在は27歳の年齢小池祐貴選手ですが、結婚や彼女の話が出てきてもおかしくない年齢ではないでしょうか?

そこで今回調べてみましたが、現状では結婚しているといったことや、彼女の存在は確認することができませんでした。

2021年の東京オリンピックにも出場し着々と実績を挙げており、今回の世界陸上でも活躍も期待される選手のため、現在は競技に集中しているのかもしれませんね!

小池祐貴の身長体重

小池祐貴選手は現在活躍する陸上選手の中でも、大柄ということではありませんがガタイがいいことでも知られています。

身長は173cmで体重は74kgと言われており、大柄な選手が多い陸上選手の中では、少し小柄なほうかなと思いますが、がっしりとした体型なので、見つけやすいですよね!

そして、インタビュー中はさわやかな回答をしていたり、SNSも頻繁に更新しているので親近感もあり、応援している方も多いのではないでしょうか。

小池祐貴の筋肉とトレーニング

小池祐貴選手ですが、前述にもあるように筋肉が凄く、がっしりとした体型をしていることが特徴です。

陸上競技で重要な足だけではなく、腕や肩の筋肉もとにかくキレイで、100m9秒台の記録につながっているのではないでしょうか。

また、100mをあえて14秒台で遅く走るというトレーニングをしていることで体幹やフォームを鍛えているということです。

またウエートトレーニングに取り組んでいることでも知られており、高校生の時点で120kgのベンチプレスを上げていたというから、努力家であることもよくわかりますよね!

小池祐貴の中学高校大学

小池祐貴選手は北海道小樽市出身の選手なのですが、立命館慶祥中学校までは野球をされており、なんとエースで4番だったそうですよ!

立命館慶祥高校に進学後に野球から陸上競技に移行するのですが、その理由が「個人競技をしてみたい」ということで、いかにストイックかよくわかります。

元々の素質とストイックさから、高校1年生の時点でインターハイで準優勝まで進んだり、全国タイトルを獲得するなどめきめきと記録を出していきます。

2014年4月に慶應義塾大学に進学し、アジア選手権や世界大会にも出場していき、慶応の体育会競争部の100代目主将も務めていたそうですよ!

まとめ

世界陸上でますます注目されるであろう小池祐貴(こいけゆうき)選手ですが、陸上競技での実力もそうですが、とにかく筋肉がきれいなことでも知られていますよね!

学生の頃からストイックにトレーニングをして、数々の記録を残している小池祐貴選手なので、憧れの選手として名前を挙げる人も多いようです。

オレゴンで行われている世界陸上では200mと4×100mリレーに出場するということですので、皆さんで応援しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる