星岳の身長年齢に家族兄弟母親!進路コニカミノルタで彼女結婚は?【世界陸上】

2022年7月15日(金)から始まった『世界陸上競技選手権大会』ですが、日本選手の快挙が続いていることもあり、注目している方も多いのではないでしょうか?

スター競技と言えば短距離ではありますが、年始の箱根駅伝など日本ではマラソン競技も人気ですよね!

そこで今回は世界陸上のマラソンで2時間13分46秒で38位の記録を出した星岳(ほしがく)選手身長や年齢、兄弟や母親の家族構成に、進路はコニカミノルタで、彼女や結婚についてなど、リサーチしてみました。

目次

星岳の身長年齢

星岳選手は宮城県出身で1998年9月17日生まれの、24歳(2022年7月現在)です。

身長は163cmと日本人男性の標準身長よりは低めではありますが、風や空気抵抗が記録に影響する陸上競技においては、有利な身長と言えるのではないでしょうか?

まだ24歳と年齢も若くイケメンで、また競技終了後と思えないほどさわやかで、インタビュー中の笑顔がかわいいということもあり、非常に人気の高い選手でもありますよね!

星岳の家族兄弟母親

星岳選手は2022年の大阪マラソンで優勝したことで、知名度が上がったように思いますが、その前からも箱根駅伝など数々の活躍を見せてくれていますよね!

そこで気になるのが、兄弟や母親がどんな人なのか?という家族構成だと思いますが、星岳選手については詳細がわかっていません。

しかし、母親については星岳選手のエピソードで確認できています。

高校生から陸上競技を始めた星岳選手ですが、高校二年生の時に陸上競技を諦めるほどのケガをするのですが、その際に母親の支えたがあり乗り越えられたということでした。

ケガによりインターハイなどの記録も伸びず心折れていたところを「ベストを尽くせ」と声をかけ、また星岳選手の大会にはほとんど足を運んでいたということです。

陸上競技に限らず、スポーツ選手はメンタルも重要になるため、家族の支えがあるということは、記録にも大きく影響しますよね!

星岳の進路はコニカミノルタ

星岳選手仙台大学附属明成高等学校在学中に陸上を始めますが、ケガなどを乗り越え、駅伝の名門である帝京大学医療技術学部に進学します。

箱根駅伝ではエース区間と言われる2区を走り、4年生では帝京大学の主将も務め、また帝京大新記録を出すという実力のある選手だったことがよくわかります。

そして、星岳選手帝京大学卒業後に「コニカミノルタ株式会社」に入社し、陸上部に所属して活躍中です。

2024年にパリで行われるオリンピックにも出場するのでは?と言われる人気・実力ともに注目されている選手ですよね!

星岳の彼女結婚は?

とにかくイケメンで、笑顔もかわいく、インタビュー中もマラソンで走ったあととは思えないさわやかさで人気の星岳選手ですが、気になるのが彼女の存在ですよね!

2022年7月現在は彼女や結婚の情報は確認できませんでした。今は世界陸上やパリ五輪に向けて、マラソン競技に集中しているのではないでしょうか。

また個人でのSNSの確認もできなかったため、プライベートはしっかりと管理されているのではないかと思いました!

まとめ

世界陸上への出場でさらに認知度を上げているマラソンの星岳(ほしがく)選手ですが、身長163cmと小柄ながらもさわやかな走りで人気の選手ですよね!

兄弟など家族構成や彼女や結婚など不明な点も多いのですが、帝京大学卒業後にはコニカミノルタに進路を決め、パリ五輪にも出場が大きく期待されています。

マラソン競技での結果はもちろんですが、終了後もインタビューも非常に魅力な選手なので、これからも活躍している姿を応援していきたいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる