高橋和希(遊戯王作者)の死亡死因に今現在の顔画像!年収や妻子供にシュノーケリング中の遭難

少年ジャンプから人気を博した漫画遊戯王の作者である、高橋​和希​さんが60歳で亡くなったことがわかりました。7月6日午前10時半頃に、沖縄県名護市の沖合で浮いている状態で発見されたそうです。そして、発見時にスノーケリングの器具を装着しており、7月7日に発見された遺体が高橋さんだと確認されました。

今回は遊戯王の作者・高橋和希さんの死亡死因に今現在の顔画像、年収や妻子供にシュノーケリング中の遭難についてリサーチしました。

目次

高橋和希先生が沖縄で死去

少年向け人気漫画遊戯王の作者である、高橋​和希​​ (本名・一雅) さん (60歳) が7月6日に沖縄で亡くなっていたことがわかりました。

沖縄県の名護海上保安署によりますと、7月6日の午前10時半頃に沖縄県名護市の沖合で遺体らしきものが浮いているとマリンレジャー業者から通報があり、7月7日に高橋さんであることが確認できたとのことです。

高橋和希先生の死因はにシュノーケリング中の遭難

高橋和希さんは沖縄県にひとりで観光に訪れており、7月6日の午後21時頃、「高橋さんと連絡がつかない」とレンタカー会社から警察に通報があり、沖縄県の名護海上保安署が遺体は高橋さんとみて調べを進めていました。

死亡を確認した消防によると、腹部と下半身にサメなどの海洋生物に付けられたとみられる損傷があったという事です。また、名護市の沖合300メートルでスノーケリングの器具を装着し浮いている状態で発見されております。

つまり、シュノーケリング中にサメなどの海洋生物に襲われたのが死亡の原因ではないかと思われます。

高橋和希先生の今現在と顔画像

漫画やアニメ、カードなど少年たちから人気である「遊戯王」の作者・高橋和希さんは現在、主に遊戯王シリーズのアニメやゲームのキャラクターデザインなどを手掛けておられました。

漫画を執筆する機会は減っていたようですが、近年では読み切り作品や短期集中連載を行うなど、徐々に活動を再開されていた矢先の訃報だったのです。

高橋和希先生の年収

高橋和希さんが作者である、『遊戯王』のカードゲームは2005年に社会現象になるほど人気を博しておりました。その時の年収は5億円にもなると公表されておりました。

また、遊戯王カードはギネスに世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲームとして認定されており、年間5〜7億枚は売れているようです。

現在でも年収は4~6億円はあるようで、その為、総資産は100億とも言われております。

高橋和希先生の妻子供

高橋和希さんが結婚されているのか、また子供がいるのかは公表されておらず不明でした。

ただ、ネット上では結婚されていて娘がいるという噂もございますが、信憑性がございません。沖縄にひとりで観光に訪れていたことから、独身の可能性が高いかもしれませんね。

まとめ

今回は人気漫画遊戯王の作者である、高橋和希さんの死因などについてリサーチしてきました。

少年たちの人気漫画『遊戯王』。カードゲームは社会現象にもなり、子供たちから絶大な人気を博していました。そんな生みの親でもある、高橋和希さんの訃報は信じ難いです。

これから先も『遊戯王』はファンや子供たちに影響を与え続けることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次