山根視来(みき)の出身中学高校大学にプロフィール経歴!年齢に身長体重も

6月の国際親善試合などに臨む日本代表に、川崎フロンターレから28歳のDF山根視来選手日本代表メンバーとして初招集されています。今回、海外組が多く選出されている中、J1チームから選出された山根選手。国内リーグを活性化する意味でも、大きな期待がかかっているようです。

今回は、そんな山根視来選出の出身中学校・高校・大学にプロフィールや経歴、年齢に身長、体重についてご紹介します。

目次

山根視来のプロフィール・経歴

・名前:山根 視来 (やまね みき)
・生年月日:1993年12月22日
・出身地:神奈川県横浜市
・血液型:A型
・身長:178cm
・体重:72kg
・利き足 (サイズ):右足 (26.5cm)
・所属チーム:川崎フロンターレ
・ポジション:ディフェンダー

山根視来 (やまね みき) さんは、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手で、川崎フロンターレ所属。ポジションはディフェンダーです。

父と兄の影響で幼少期からサッカーを始め、小学校4年の時に東京ヴェルディの下部組織であるジュニアユースへ加入。同ユースチームへは昇格できず、ウィザス高校へ進学。高校卒業後は桐蔭横浜大学に進学し、主力選出として4年間活躍しました。

2016年より湘南ベルマーレへ加入。1年目は負傷の影響もあり、リーグ戦での出場機会はありませんでしたが、2017年の開幕戦でリーグ戦初デビューを果たしました。2018年にプロ入り初得点をマークし、チームに貢献しました。

2020年に川崎フロンターレに移籍。シーズン当初から自身のプレースタイルを遺憾無く発揮し、自身最多得点となる4得点をするなどシーズン通して安定した活躍が認められ、自身初となるJリーグベストイレブンに選出されました。

2021年3月の『国際親善試合』『FIFAワールドカップ2022』『AFCアジアカップ2023』出場メンバーとして日本代表に初選出され、国際親善試合の韓国戦で日本代表デビューを果たし、代表初ゴールも決めました。

山根視来の年齢・誕生日

https://twitter.com/TheAFCCL_jp/status/1473434134911787008

2021年から日本代表に初選出され、活躍している山根視来選手は、1993年12月22日生まれ、現在28歳です。

今季もJ1で首位に立つ川崎フロンターレの山根選手は、日本代表としてカタール大会での活躍も期待されています。国内選手から選出されている、山根選手の期待はとても大きいようですね!

山根視来の身長体重

国内選手から日本代表として選出されている、山根視来選手。身長は178cm体重は72kgです。

とてもバランスのとれた体型と言えるのではないでしょうか。ポジションはディフェンダーで、スタミナもあり球際にも強いです。

密集地帯でのボール扱いも苦っしず、ドリブルで飛び出していける瞬発力と思い切りの良さが魅力的ですね!

山根視来の出身中学高校大学

山根視来選手は、幼少期からクラブチームに入り現在までサッカー選手として活躍されています。

中学時代は、東京ヴェルディジュニアユース (神奈川県横浜市立あざみ野中学校) でプレーし、高校は茨城県のウィザス高校 (現・第一学院高等学校) に進学しましたが、高校2年の時に東日本大震災を経験し、山根選手は実家のすぐ近くにある桐蔭横浜大学で一時、練習をしていました。

このことがきっかけで、高校卒業後は桐蔭横浜大学に進学をし、攻撃的なポジションで4年間主力選手として活躍しました。

まとめ

今回は、川崎フロンターレから日本代表メンバーとして招集された山根視来選手についてご紹介しました。

日本代表として招集されたメンバー28人のうち海外組が22人を占める中、日本のクラブチーム川崎フロンターレから山根選手が招集され、国内選手として大きな期待が寄せられていることがわかりました!

Jリーグからワールドカップの舞台へと活躍を広げてくれるように応援を続けていきたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次