篠原ともえの革着物やアクセサリーの購入方法!値段やリメイクやデザインも

篠原ともえさんは90年代に歌手デビューし、その独特なキャラクターとオリジナリティーあふれるファッションもあいまって一時「シノラー」ブームが起こるほどでした。

活躍当時も自身で衣装を制作するなど、ファッションデザイナーとしての面も持つ彼女ですが、この度篠原さんの手がけた作品が、賞をとったと話題になっています。

そこで今回は、篠原ともえさんの革着物やアクセサリーの購入方法、その値段と革のリメイクやデザインについてリサーチしてみようと思います。

目次

篠原ともえの革着物が世界的広告賞に

今回篠原ともえさんがデザインを手がけた作品が受賞した賞ですが、ニューヨークADC賞(THE ADC ANNUAL AWARDS)という賞になります。

この賞は、1921年に広告美術団体「アート・ディレクターズ・クラブ(ADC)」が設立した、世界的な広告賞とのことで、今年で101回目となる歴史のある賞のようです。

今回の篠原さんの作品は、革着物ザ レザー スクラップ キモノ(THE LEATHER SCRAP KIMONO)という作品で、ブランド・コミュニケーション部門銀賞、ファッションデザイン部門銅賞の2冠をそこで受章されています。デザイナーさんからするとこの賞はとてもすごい賞のようで、画像で見ても彼女の作品は素敵ですよね!

篠原ともえの革着物やアクセサリーの購入方法

篠原ともえさんは今回注目を集めた革着物だけでなく、革のアクセサリーもデザインされたことがあります。気になるのは、購入できるのかではないでしょうか?

リサーチしてみたところ検索には出てきませんでしたので、販売はされていないみたいですね!今回の革着物「THE LEATHER SCRAP KIMONO」は一点ものとされていますから、オリジナル作品を購入するのは難しそうです!

今回の受賞で注目されている方も多いとは思いますが、こればかりは仕方ありませんね!

篠原ともえの革着物やアクセサリーの値段

篠原ともえさんがデザインを担当した革着物やアクセサリーは、前述したように販売されていないようなので当然ですが、値段については不明となります。

彼女の手がけたアクセサリーは、昨年公開されていてその際の情報として、革着物と同様に一点ものということで販売予定はないとされていました。

ただ反響があった際には、革アクセサリー商品化の展開があるかもとされていますから、もしかすると今回の件でこちらに関しては商品化の可能性はあるのかもしれません!

篠原ともえは革のリメイクやデザイン?

今回篠原ともえさんが、受章したニューヨークADC賞ですが、前述にもあった革アクセサリーの方でも2021年にファッションカテゴリー、トラディショナル・アクセサリーとイノベーションの2部門でメリット賞を受賞されています。

ですから篠原さんは、2年連続で革作品で受賞したことになりますね!昨年手がけたアクセサリーは肌に優しい金属アレルギーの人でも使えるをコンセプトに作られたようですが、今回の革着物の方では、廃棄せざるを得なかった革の端を利用して作られ、その形から動物たちが住む山脈を連想させるデザインとなっています。

毛皮や皮革業界への風当たりが強いアメリカにおいて、余った革で制作した着物が評価されたのは、ファッション業界にとっても大きなことかもしれません!

まとめ

今回は、世界的な広告賞ニューヨークADC賞を受賞した、篠原ともえさんのニュースや作品について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

篠原さんの若いころシノラーの時代では、ポップなデザインの服が多かった印象ですが、イメージが一新され大人の女性デザイナーになったんだなと、思われた方も多いのではないでしょうか!今後の篠原さんの作り上げる作品も楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次