津田梅子の経歴学歴プロフィール!伊藤博文の家で家庭教師で留学メンバーに広瀬すずのドラマ

2022年3月5日にテレビ朝日系列で放送される『津田梅子~お札になった留学生~』大人気女優の広瀬(ひろせ)すずさん主演のドラマです。

題材になる津田梅子(つだうめこ)さん日本の女子への教育を語る上で欠かせない方で、女子留学メンバーにも選ばれた方ですが、どんな経歴を持っているのでしょうか?

また、伊藤博文(いとうひろぶみ)家で家庭教師をしていたというのは本当?学歴やプロフィールをリサーチします!

目次

広瀬すずが津田梅子役でドラマ

津田梅子役で主演の広瀬すずさん池田エライザさん宮澤エマさんを据えて、『津田梅子~お札になった留学生~』が2022年3月5日に放送されることになりました。

今後5千円札に記載されることで知られる津田梅子については、歴史上の人物として語られることは多いのですが、メインの題材になるテレビドラマは少なく、ゴールデンタイムの放送になるため、ぜひ見てほしい作品の一つです。

内田有紀さん田中圭さん、ディーン・フジオカさんなどそうそうたるメンバーが他の出演者にいることも話題の一つです。

津田梅子のプロフィール・経歴

https://twitter.com/umeko2022/status/1497688117595099136

津田梅子プロフィールや経歴については、以下になります。

名前:津田梅子(つだうめこ)
生まれ:1864年12月31日
出身地:江戸牛込南御徒町
(現在の東京都新宿区南町)
死没日:1929年8月16日
墓地:東京都小平市 津田塾大学構内

父親は津田仙(つだせん)という東京府士族で、江戸幕府崩壊を機に職を失うも、1869年に築地のホテル館で働きながら、西洋野菜の栽培をしていた人物と言われています。

1871年には明治政府の北海道開拓使として従事しており、開拓次官だった黒田清隆(くろだきよたか)が女子教育に関心があったことから、女子留学生に津田梅子を推薦し、岩倉使節団と共に渡米したそうです。

その時津田梅子は最年少の6歳でしたが、のちの”女子英学塾(現在の津田塾大学)”の創設者として、日本の女子教育に欠かせない人物となっていきます。

津田梅子の学歴

津田梅子学歴をご紹介します。

1878年 コレジエトインスティチュート卒業
1882年 アーチャーインスティチュート卒業
1889年 ブリンマー大学 生物学専攻 入学
1892年 ブリンマー大学 卒業

一度日本に帰国しますが、日本語をほとんど忘れてしまったことと、上級階級の雰囲気になじめなかった津田梅子再度渡米することになります。

ブリンマー大学卒業後はオズウィゴー師範学校で、教授法に関する研究をしていたそうで、日本女性や女子教育に興味を持っていた様々な人物に大きな影響を与えていたと言われています。

津田梅子の留学メンバー

津田梅子は、他4名のメンバーと一緒に女子留学生として、渡米します。

山川捨松(やまかわすてまつ)
永井繁(ながいしげ)※繁子という説もある
吉益亮(よしますりょう)
神田乃武(かんだないぶ)

吉益亮渡米して1年せずに病気により帰国していることもあり、やはり留学をするというのは当時の日本には大変だったことがよくわかります。

また永井繁は留学時に音楽の才能があることがわかりヴァッサー大学音楽学校に入学山川捨松日本人女子初のアメリカでの大学卒業した経歴があり、英文学を学びます。

神田乃武は、当時の日本の中でも特に英語に長けている人物と言われており、のちに英学者にもなります。

津田梅子は伊藤博文の家で家庭教師

https://twitter.com/umeko2022/status/1496465342281007108

日本女子の中でも当時は希少な存在であった津田梅子は、日本に帰国後、華族の女性を対象として”私塾 桃夭女塾”で英語教師として通うようになりますが、それが伊藤博文の推薦だったと言われています

英語教師としてではなく、伊藤博文の家で英語指導や通訳をするという家庭教師のような立ち回りもすることとなります。

そして、再度留学をすることになるのですが、1892年には帰国し、華族女学校や明治女学院、女子高等師範学校教授を務めます。

その経験を経て、1909年9月14日に”女子英学塾(今の津田塾大学)”を設立し、上級階級のみならず一般女子にも教育が進むように尽力した立役者です。

まとめ

https://twitter.com/umeko2022/status/1498945032056762369

津田塾大学の創立者で、日本初の女子留学生に任命されたのち、日本の女性教育を大きく変化させた津田梅子を題材としたドラマが広瀬すずさん主演で放送されるのは、非常に楽しみですよね!

津田梅子経歴や学歴そしてプロフィールについて詳しくない人でも、ドラマを見ることで、どれだけ当時の日本人女性が教育を受けることが大変だったかなどわかると思います。

留学メンバーについてもそうですが、伊藤博文役として田中圭さんがキャスティングされているので、伊藤博文の家で家庭教師をしていたことは詳しく掘り下げられるのではないかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次