羽生結弦の引退理由に引退近い?時期はいつて引退後は解説かバラエティ出演も

前人未到のクアッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑み、転倒するも記録には残り、その技を初めて認められたことや、リンクに空いた穴で転倒し、足を痛めながらショートプログラムの8位からフリープログラムの「天と地と」で4位まで追い上げを見せた羽生結弦(はにゅうゆづる)選手。試合後のコメントなどから、今後の去就について注目が集まっています。

今回は羽生結弦選手の引退理由や引退近い?時期はいつて引退後は解説かバラエティ出演もありえるのかまとめてみました。

目次

羽生結弦は北京五輪4位で引退近い?

オリンピック3連覇の夢が叶わなかった瞬間、SNS上では様々な声があふれました。子供の頃からの夢であるクアッドアクセルに挑戦すると宣言し、成功とはならなかったものの記録上に残すことに成功、そしてあと一歩のところまで来ていると驚かせたその完成度の高さなど、テレビのニュースは羽生結弦選手の話題で持ちきりでした。

試合後のコメントなどから、引退を考えているのでは、引き際を見極めているのでは、といった噂も出回っています。デビューから変わらずに高い人気を誇る羽生結弦選手。もし引退、となったら日本だけではなく世界中に衝撃が走るに違いありません。

羽生結弦が引退なら引退理由は?

羽生結弦選手は常に怪我と戦っているイメージがあります。やはり高回転のジャンプをするためには高く飛ばなければいけないため、着氷のタイミングや角度などが乱れてしまうと、転倒や捻挫などの危険が高まってしまいます。その中でも「右足首靭帯損傷」という足首の怪我が癖になっているようです。実際に今回も足首を痛めており、痛み止めを利用した状態での演技でした。競技を続けながらの完治はおそらく無理なはず。引退理由としては十分あり得るのではないでしょうか。

また、試合後のコメントで、「出し切った」「やり切った」「あれが僕の全てかな」といった、完全燃焼をうかがわせるようなコメントが続き、今後のことは考えられないというような趣旨にも取れるため、何らかの考えは持っていたのかもしれませんね。

羽生結弦の引退時期はいつ?

https://twitter.com/gorin/status/1491666801746452480

引退するかどうかも不明なため、明確な時期はわかりませんが、もし引退するとすれば北京オリンピック終了後、帰国後などに発表があるのではないでしょうか?中国メディアが「羽生結弦は北京五輪後に引退」と報じたという情報もありましたが、これは完全な憶測記事だったとか。

しかしながら2022年3月に世界選手権があるため、その後になるのではないかという憶測や、この試合を辞退してオリンピック後に引退してしまうのではないかという説などもあり、意見が割れている部分でもあります。しかし本人は「考えたい」とコメントを残しているため、実際はどうなるのか、見守りたいと思います。

羽生結弦の引退後はコーチか解説かバラエティ出演も

引退後はどうするのか、という点についてですが、4年前羽生結弦選手は「世界中いろいろなところを周りながらスケートで本気で1位を目指している人の手助けができたらと思う」と語っていたことから、引退後はコーチになる可能性が高いのではないかと見られています。

一般的に引退したフィギュアスケートの選手は、テレビでの試合解説やバラエティ番組に出演するなど様々です。ただ、今回解説やゲストに呼ばれるのではないかと期待が高かった浅田真央さんが、どの局の中継にも呼ばれていないことを考えると、あまり口数の多くない羽生結弦選手も、もしかしたらテレビ出演というのは考えにくいのかもしれませんね。

まとめ

https://twitter.com/shoko55mmts/status/1492133984536784897

失敗には終わってしまいましたが、国際スケート連盟公認大会で初めて4A(クアッドアクセル)の認定を受けたことが話題になり、前人未到の挑戦をした羽生結弦選手には賞賛の声が今でもたくさん上がっています。挑戦はまだまだ続くのか、それとも夢のままで終わってしまうのか…彼の決断を誰もが見守っています。

とはいえ、4回転ジャンプだって今は普通ですが、始まった時は誰もが失敗の連続だったはず。羽生結弦選手にはもうちょっとだけ夢を見せて欲しいなと思うところです。注目して見ていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次