吉永一貴のwikiプロフィール経歴!尾張旭市出身で高校中学大学に身長年齢も【北京オリンピックスケートショートトラック】

吉永一貴選手は日本のショートトラックスピードスケート選手です。2018年平昌オリンピックに出場し、今年開催される2022年北京オリンピックにも選出されました。直近の2021年全日本ショートトラック距離別選手権大会では1500Mで優勝され北京オリンピックでもメダル獲得が期待されています。

ということで今回は吉永一貴選手について、プロフィールや経歴や身長・体重、尾張旭市出身で高校中学大学についてなどご紹介したいと思います。

目次

吉永一貴のプロフィール・経歴・年齢

吉永一貴選手プロフィール経歴年齢についてご紹介します!

名前:吉永一貴よしなが かずき
生年月日:1999年7月31日
年齢:22歳(2022年1月28日現在)

出身:愛知県尾張旭市
所属:中央大学スポーツ科学科トヨタ自動車株式会社スピードスケート実業団

吉永選手がスピードスケートを始めたきっかけは、小学校2年生の時に母親である吉永美香(旧姓:加藤)さんに連れられて観に行った大会で競技のカッコよさに憧れたことだそうです。その後自ら「やってみたい!」と志願し、小学校5年生の時にはトヨタ自動車実業団のコーチに指導を受けるようになりました。

その後、めきめきと才覚をあらわし数々のジュニアの大会で勝利をおさめてきました2016年には世界選手権で初優勝し、その1か月後に開催された2016年リレハンメルユースオリンピックでは男子500mで銀メダルを獲得しました。2018年の平昌オリンピックに史上最年少で出場することになりチームの結果に大きく貢献しました2021年には全日本ショートトラック距離別選手権大会男子1500mで優勝という成績もおさめています2022年北京オリンピックではエースとして出場し金メダルも狙っており、大いに期待できる選手です


吉永一貴は愛知県尾張旭市出身

吉永選手愛知県尾張旭市の出身です。

2018年、フィギュアスケート選手の宇野昌磨選手などと一緒に愛知県スポーツ功労賞受賞されています。2021年には愛知県尾張旭市役所を表敬訪問し、北京オリンピックへ向けて意気込みを語りました。はっきりと「金メダルを狙いたい」と語り、ケガなどの経験も乗り越えさらに強くなった自分に手応えを感じていました。

吉永一貴の中学高校大学

次に吉永選手出身中学校高校大学をご紹介します!

出身中学校名古屋経済大学市邨中学校
出身高校名古屋経済大学市邨高校
出身大学中央大学スポーツ科学科(2022年1月現在)

吉永選手は、私立の中高一貫校に進学されています。ちなみに2016年リオオリンピック・体操女子総合で8位入賞を果たしている寺本明日香選手も名古屋経済大学市邨中学校・高校の出身だそうです。

高校卒業後は、中央大学スポーツ科学科に進学されてます。小学校の頃からトヨタ自動車実業団のコーチに指導を受けていたので、大学には進学せずそのまま実業団に入るのではという話もあったそうですが、現在は中央大学に通いながら、トヨタ自動車実業団スケート部に所属しています。エリート中のエリートという感じですね!


吉永一貴の身長体重・スタイル

吉永選手身長174㎝体重63㎏。身長が高く筋肉がしっかりしているので、がっしりしている体型をしていますが、意外にも体重は63㎏。余計な脂肪は一切ないって感じですね。

吉永選手はダルビッシュ有似のイケメン!と噂されていますよね。競技中はキリッとしたクールな表情が多いですが、時折見せる笑顔になるととたんにやわらかい印象になります。クールとフレッシュな印象を併せ持つ吉永選手にはこれからもファンがどんどん増えていきそうです。

まとめ

以上、吉永選手について紹介させていただきました!

最年少でタイトル獲得その後の大会もしっかり結果を残してるようです北京オリンピックもエースとして出場し金メダルも狙っているそうなので、今後も期待して応援していきたいですね

ここまで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次