吉田知那美の腹筋や血液型英語にプロフィール!出身中学高校大学も【カーリング北京五輪2022】

吉田知那美は北海道北見市出身のカーリング選手で、ロコ・ソラーレに所属しており2014年ソチオリンピック、2018年平昌オリンピックに日本代表として出場し、平昌オリンピックでは銅メダルを獲得しています。

平昌オリンピックでは試合中の戦術検討時に明るく発する「そだねー」が大きな話題になり、チームが「そだねージャパン」の愛称で呼ばれ、その明るさはムードメーカーである吉田選手が作り出している部分も大きいようです!

今回はそんな吉田知那美選手のプロフィールや経歴についてご紹介していきます!

目次

吉田知那美のプロフィール・経歴・血液型

https://twitter.com/gorin/status/1455323775231094785?s=20

名前:吉田 知那美(よしだ ちなみ)
生年月日:1991年7月26日
出身地:北海道北見市
身長:157cm
血液型:A型
所属:ロコ・ソラーレ

北海道北見市に生まれた吉田選手は、小学校2年生からカーリングを始め小学校4年生から大会に出場するようになりました。2歳年下の実妹である吉田夕梨花、同級生の小野寺佳歩・鈴木夕湖らと共に『常呂中学校ROBINS』を結成しスキップを務め、2006年3月の日本カーリング選手権に常呂中学校ROBINSが出場した際には2006年トリノオリンピック日本代表でもあった『チーム青森』に予選リーグで勝ち星を挙げるなど中学生旋風を起こしました!高校卒業後にはカナダのバンクーバーへ留学し、改めてカーリングを学んだ経験もあります!

2014年にはソチオリンピックに出場、2016年世界女子カーリング選手権大会では準優勝、そして2018年平昌オリンピックに出場し、オリンピックで日本のカーリング史上初のメダルとなる銅メダルを獲得しました!

吉田知那美の出身中学高校大学

そんな吉田選手は北見市立常呂中学校出身で、『常呂中学校ROBINS』を結成しスキップを務め、2006年に出場した日本カーリング選手権では、2006年トリノオリンピック日本代表であった『チーム青森』に勝利するなど驚きを呼びました!

その後、北海道網走南ヶ丘高等学校へ進学し、常呂中学校時代の仲間と『常呂中学校ROBINS』からチーム名を『常呂JJ』に改め、引き続き同じチームでプレーしていましたが、メンバーの進学先が異なっていたこともあり、チーム練習の時間が思うように取れず、中学校時代のような成績を挙げることは出来なかったようです。

高校卒業後はカナダのバンクーバーへ留学し、日本へ帰国後は北海道銀行フォルティウスへ入団、2014年にロコ・ソラーレへ加入し、現在に至ります!

吉田知那美は英語がペラペラ?

吉田選手は試合中コーチと英語で話す姿があったりと、英語がペラペラのようです!理由としては高校卒業後のカナダへの留学経験が考えられ、なんと現地での下宿先が日系人カーリングコーチだったそうです。元々語学留学が目的だったようですが、縁もありカナダで改めてカーリングと向き合うことができたようです!!

英語が話せることで、外国人コーチともコミュニケーションを取ることができますし、チームの中でも必要不可欠な存在ですね!カーリングの能力はもちろん、語学力もあるとはなんとも魅力的です!!

吉田知那美は腹筋が凄い?

吉田選手が2021年3月に自身のInstagramを更新し、引き締まった腹筋を披露しました!!

腹筋すごい」「気合いが入っていますね」「さすがアスリート」「きつそう。でも、頑張って~」「腹筋割れとる」などの数多くのコメントが寄せられ、話題になりました!トレーニング・ケアを欠かさない吉田選手、さすがです!!

まとめ

さて、今回はロコ・ソラーレで活躍するカーリング選手の吉田知那美選手について紹介しました!学生時代の素晴らしい経歴や英語も堪能で現在も活躍している吉田選手は、2022年2月に開催予定の北京オリンピックに出場予定です!!ロコ・ソラーレのそして、吉田知那美選手の活躍とメダル獲得が楽しみで、目が離せません!活躍を期待し、日本からエールを送りましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる