髙橋幸平の中学高校と日本体育大学!スポンサー年収に所属と今現在と過去【北京パラリンピック/ アルペンスキー】

北京パラリンピックの開幕も近づいています!どんな選手がいるかチェックしておきましょう。

今回は、北京パラリンピックアルペンスキーに出場する髙橋幸平選手の中学から高校まで、進学した日本体育大学のことや、スポンサーと年収や、現在と過去を紹介します。

目次

髙橋幸平の中学高校と日本体育大学

髙橋幸平
生年月日:2000年10月8日(20歳)
出 身:岩手県紫波郡矢巾町
所 属:日本体育大学
学 歴:矢巾町立矢巾北中学校-岩手県立盛岡農業高等学校-日本体育大学
競 技:アルペンスキー(立位)

髙橋選手は先天性のまひによって右半身に機能障害があります。スキーは3歳から始め、中学からハンドボール部に所属し、冬にはアルペンスキーの練習をしました。

パラリンピック出場は前回の平昌大会に続き2回目初出場は17歳の高校生のときでした!幼さの残る高校生時代の髙橋選手も写真が残っていました!高校時代は農業高校で動物化学科でスキー部に所属していたようです。岩手県は酪農も盛んですので、そんな勉強をしてたのかもしれませんね。

現在は日本体育大学へ進学しました。オフの期間は大学生として勉強をしているのでしょう!

髙橋幸平のスポンサー・年収

現在は学生でありながら世界で戦う髙橋選手。スポンサーや年収ってどのくらいなのでしょうか!

北京パラ出場決定後に「髙橋幸平先週を応援する有志の会」が設立しています。岩手県矢巾町の体育協会が中心になっていて、協力金を募り強化合宿や遠征費に充てるそうです。

このほかにはスポンサーの情報は見つけられませんでしたが、スキー用具は特別なものを使用しているかもしれません。チェアスキーのパラ選手はTOYOTAがスポンサーでついていて技術力でもサポートしているようですが、髙橋選手の場合はストックなどは特殊な用具を使用します。流石にパラリンピックに出場するレベルの選手なのでスポンサーはついているのではないでしょうか。

髙橋幸平の所属

現在の所属は日本体育大学です。北京オリンピック・パラリンピックにも関係者が8名参加しています!

現在髙橋選手は大学3年生です。農業をもっと勉強したいと思ったそうですが、スキーと農業を比べたときに、岩手のために今自分ができることはスキーだということで選んだそうです。

普通の大学3年生であれば就活を本格的に始めている時期ですよね。髙橋選手も今後の進路は、大会後から考えていくのでしょう。まだ選手としては先が長いので、卒業後の進路にも注目です

髙橋幸平の今現在と過去

生まれた時には一生歩けないかもしれないと言われた髙橋選手ですが、現在は右半身の機能障害はあるものの、スキーをしている姿は健常者のようなスピードで滑走しています。初出場の高校生の頃と比べると、体つきも随分変わっていてひと回り大きくなっている感じがしました。

大学でもスキーにつながる筋肉の使い方の勉強などしているそうです。寮で仲間と切磋琢磨しながらの生活も充実していると話していました。

まとめ

今回は北京パラリンピックのアルペンスキーに出場する髙橋幸平選手について調べてみました。

一生歩けないかもと言われて生まれた髙橋選手ですが、現在は時速120キロ近くでるアルペンスキーで世界と戦っています。元々もって生まれた身体能力と、現在は日本体育大学で体の使い方や筋肉を学んでいる知識で、さらにレベルアップして北京パラリンピックを迎えました。

目標は8位入賞と話す髙橋選手ですが、いい滑りを期待しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる