原田雅彦総監督の今現在に恵子夫人に家族!子供や船木と葛西紀明との関係!

熱戦の裏に、不可解な失格判定など、良くも悪くも嵐を巻き起こしている今回の北京オリンピック。1998年長野オリンピックのスキージャンプ団体で金メダルを獲得した原田雅彦(はらだまさひこ)氏が日本選手団の総監督を務めているのはご存知でしょうか。

今回は原田雅彦監督の今現在に景子夫人に家族、子供や船木和喜(ふなきかずよし)氏、葛西紀明(かさいのりあき)選手との関係についてまとめました。

目次

北京オリンピックでは原田雅彦が総監督に

2021年10月7日、日本オリンピック委員会は北京オリンピックの日本選手団総監督として、長野オリンピックスキージャンプ団体金メダリストで日本オリンピック委員会理事でもある原田雅彦氏を起用すると発表しました。大会期間中、他のスタッフなどと一緒に、観客席から日の丸を掲げて応援している姿をよく見かけています。

スキージャンプの金メダリストということから、スキージャンプ競技の時には選手に熱い激励をしていたのも記憶に新しいですよね。テレビ出演や大会の解説なども多く、人なつっこい笑顔とわかりやすい説明が人気を博しています。

原田雅彦の今現在は?

原田雅彦氏は、今現在は現役時代にも所属していた雪印メグミルクのジャンプチームの総監督を務めています。また、日本オリンピック委員会の理事や日本スキー連盟の理事でもあります。この雪印メグミルクには、佐藤幸椰(さとうゆきや)選手や、小林陵侑(こばやしりょうゆう)選手のお兄さんである、小林潤志郎(こばやしじゅんしろう)選手も在籍している強豪チームの一つでもあります。

ジャンプスタイルや人柄が良いことで知られている原田雅彦氏は現役時代、ヨーロッパでは「Happy Harada」と呼ばれ、親しまれていたことでも有名です。

原田雅彦の恵子夫人に家族子供

原田雅彦氏には恵子(けいこ)さんという奥様がいらっしゃいます。そのほかにお子さんが2人、息子さんと娘さんのお父さんでもあります。調べていくとすでに離婚されているとの情報がありましたが、離婚はしていないとする説もあります。おそらく離婚はされていないものと思いますが、なぜ離婚しているなどという噂が流れているのか、真相は謎のままです。

ただ、どちらにせよ「離婚している」「親権は恵子夫人が持っている」などと断定的な説もあり、これが真実ではないとしたらちょっと大変なことになってしまいそうですね…。

原田雅彦と船木和喜と葛西紀明との関係

原田雅彦氏について語る際に必ず話題に上がるのが、船木和喜氏と葛西紀明選手の関係ではないでしょうか。葛西紀明選手とは、1994年のリレハンメルオリンピックの団体で、105メートル飛べば金メダル獲得となるラストジャンプの際、プレッシャーに負けて失敗ジャンプとなったことから銀メダルの獲得にとどまりました。銀メダルを取れてよかったと思いながら、内心ぶっ飛ばしてやろうと思ったなどと語っており、この1件から不仲だったとのちに葛西紀明選手が語っています。

船木和喜氏は、長野オリンピックの団体の際、原田雅彦氏が飛び終わってインタビューを受けている際に「ふなきぃ〜ふなきぃ〜」と泣きながら名前を呼んでいたことから、一緒に語られることが多い選手でもあるかもしれません。また、この長野オリンピックの個人ノーマルヒルでは銀メダル、ラージヒルでは金メダルを獲得しており、今回小林陵侑選手が24年ぶりに獲得したことからも話題となりました。

まとめ

メダルラッシュや熱戦が繰り広げられている北京オリンピック。2月20日までという会期も始まってしまえばあっという間ですよね。硬めの人工雪に翻弄されたり、転倒して怪我をする選手などが続出するなど、なかなかコンディション的にも大変だったようですね。

選手の皆さんには残りわずかな日程、楽しんで競技に向かってほしいなと思う今日この頃です。最後まで頑張ってくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる