エリック・フレンツェルのスポンサー年収に渡部暁斗!彼女インスタや金メダルも【ノルディック複合北京オリンピック】

ノルディック複合はスキーの複合競技で、ジャンプをしたあとクロスカントリーで順位を競います。ジャンプ台での飛距離が長い選手が、後半のクロスカントリーで先にスタートを切れます。この競技で過去二回オリンピックで金メダルを獲って北京オリンピックにのぞむのがドイツのエリック・フレンツェル選手です。

しかし、ドイツチームが北京に到着して受けた新型コロナウィルスの検査でフレンツェル選手に「陽性」の結果が出てしまい、隔離生活中です。ノルディック複合は、ノーマルヒル2月9日・ラージヒル2月15日、の日程ですが出場が危ぶまれます。

目次

エリック・フレンツェルのスポンサー・年収

エリック・フレンツェルさんについて調べた結果、スポーツ兵士という身分になっていました。しかし所属はドイツ連邦軍ではなく、住まいのある旧東ドイツ領ザクセン州となっています。

スポーツ兵士の給料についてはわかりませんでしたが、地方公務員に準ずる扱いだとすると、州によって異なるようですがドイツの民間企業より安く、年収500万円前後のようです。もちろんアスリートの年収は、これにスポンサーからの広告収入や競技会賞金も加算されるでしょう。

ドイツにはスポーツ兵士身分のトップアスリートは他にもいるようですが、公務員のような立場でありながら、スポンサーからも収入を得ていることが問題視されているようです。

エリック・フレンツェルは平昌五輪で金メダルの実力

https://twitter.com/fisnoco/status/1489161802877390855

ノルディック複合にはジャンプ台の大きさによってノーマルヒル・ラージヒルの2種類があって、エリック・フレンツェル選手はノーマルヒルで、2014年ソチ・2018年平昌ともにオリンピック金メダルを獲っています。平昌ではラージヒルでも銅メダルです。

ワールドカップでは43勝していて、ノルディック複合で史上もっとも成功した選手の1人、と言われています。



エリック・フレンツェルといつも競う渡部暁斗

エリック・フレンツェル選手と日本の渡部暁斗選手は同い年で、2014年ソチ・2018年平昌ともに、オリンピックのノルディック複合ノーマルヒルのラストスパートで激しい競い合いを繰り広げ評判になりました。結果は、2回ともフレンツェル-金、渡部-銀でした。

ソチ・オリンピックでは、クロスカントリーのスタートの前に「一緒に逃げよう。」と渡部選手がフレンツェル選手に相談していたそうです。最後は二人のデッドヒートになるのは予想がついていたので、クロスカントリーの最初で集団を引き離しておこう、ということだったようです。

エリック・フレンツェルの彼女・インスタ情報

エリック・フレンツェルさんは既婚者のようです。ドイツ語のWikipediaを見ると「18歳で最初の子供ができた。」と書いてあります。しかもその前は「スポーツ学校で寮生活をしていた。」というので、器用というのか手が早いというのか、さすがスピード競技の選手です。

エリック・フレンツェルさんのInstagramはこちらです。
https://www.instagram.com/ericfrenzel/
板の代わりにキャタピラで滑るグラススキーの写真が何枚かありますが、それ以上に多いのが競技用自転車で走っている写真。夏のトレーニングでは自転車で体力づくりをしているようです。


まとめ

以上、エリック・フレンツェルさんは、ノルディック複合で過去二回オリンピック金メダルを獲っているザクセン州のスポーツ兵士で、もう高校生くらいの子供もいて、夏には自転車で体力を鍛えている、ということがわかりました。

ノルディック複合では、エリック・フレンツェル選手に加え、金メダル有力候補のノルウェイのヤールマグヌス・リーベル選手も新型コロナ陽性と判定されました。渡部暁斗選手は、順位を考えれば有利となりますが、こんな勝負は望んでいなかったでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる