前田沙理(自衛隊)のwikiプロフィール身長年齢!北海道出身で中学高校大学も【バイアスロン北京オリンピック】

前田沙理バイアスロンの選手で、2022年に中国の北京市で開催される冬季北京オリンピックバイアスロン日本代表選手の一人です。バイアスロンとは、クロスカントリースキーライフル射撃を組み合わせて行う競技です。

バイアスロンの語源は、ラテン語で2という意味の『bi(バイ)』と、ギリシャ語で競技という意味の『athlon(アスロン)』を組み合わせたものです。 バイアスロンの競技はライフル銃を背負いながらクロスカントリースキーで滑走します。それだけでなく途中でライフル銃で射撃をするという2つの種目を行い、スキーによる滑走の速さとライフル射撃での命中率の正確さを競います

そんなバイアスロン競技の日本代表である北海道出身の前田沙理選手のプロフィールや身長、年齢、中学、高校、大学等の事を調べてみたいと思います。

目次

前田沙理のプロフィール・経歴・年齢

名前:前田 沙理(まえだ さり)【旧姓:古谷(ふるや)】
生年月日:1990年5月25日
年齢:31歳
出身:北海道俱知安町
所属:自衛隊

幼少期から剣道や陸上競技をされていたようで、北海道では当たり前なことなのかもしれませんがスキー等、ウィンタースポーツが盛んな北海道で育った事、お兄さんがスキーをしていたようで必然的に前田沙理選手もスキーを始めたそうです。

フィンランドにもクロスカントリーの競技をする為に留学された事もあるようです。

高校卒業後は早稲田大学に進学しスキー部に所属。クロスカントリーでインカレ優勝という実績も残されています

大学卒業後は自衛隊に入隊されバイアスロンに転向されています。

2018年の平昌オリンピックではバイアスロン日本代表選手に選出されました。今回の北京オリンピックは2回目のオリンピック出場となります。

前田沙理の所属は自衛隊

https://twitter.com/Japan_Olympic/status/1485084881193345026?cxt=HHwWhICpzZi1ipwpAAAA

前田沙理選手は自衛隊体育学校所属です。2018年に当時バイアスロン選手だった前田亮氏と結婚されたそうです。御主人も同じ自衛隊所属です。

前田沙理選手は他のバイアスロン日本代表選手と同様に、自衛隊体育学校所属の様です。

前田沙理の身長体重・スタイル

前田沙理選手の身長は166cmと日本人女性の平均よりやや高めで、体重は55kgと標準的な体型の様です。無駄肉のないアスリートが多くなっている印象です。

バイアスロンでの前田沙理選手の特徴として高身長を生かした走力が長所という事です。射撃もしっかりと決めて、走力を生かす展開になり好結果につなげてほしいものです。

前田沙理の中学高校に早稲田大学

中学校:俱知安中学校
高校:俱知安高校
大学:早稲田大学スポーツ科学部

倶知安高校は1964年インスブルック(オーストリア)1968年グルノーブル(フランス)のオリンピックにスキー大回転で2大会連続出場された気田義也(きだよしなり)選手も出身。

その他に『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』等の代表作で知られるミステリー作家の京極夏彦(きょうごくなつひこ)氏も出身です。

早稲田大学は前述の気田義也(きだよしなり)選手を輩出して以降もウィンタースポーツに限れば、トリノオリンピックフィギュアスケート金メダルの荒川静香(あらかわしずか)選手。

リレハンメルオリンピックノルディック複合団体金メダルの萩原健司(おぎわらけんじ)選手と河野孝典(こうのたかのり)選手。

ソチオリンピック平昌オリンピックと連覇し、北京オリンピックで3連覇を目指すフィギュアスケート金メダルの羽生結弦(はにゅうゆづる)選手。

平昌パラリンピックアルペンスキー女子大回転座位金メダルの村岡桃佳(むらおかももか)選手。

ソチオリンピック平昌オリンピック個人ノーマルヒル2度の銀メダルの渡部暁斗(わたべあきと)選手等多くのアスリートを輩出した名門校のスキー部出身です。

前田沙理の出身地は北海道

前田沙理選手は北海道の西部、札幌市より西に位置し、ニセコ連山主峰であるニセコアンヌプリや羊蹄山のある俱知安町の出身との事で、良質な雪を求めて世界各地からスキーヤーが集めるそうです。

そんな環境で幼少期を過ごされてきた事もバイアスロンにつながっているのかもしれませんね。

まとめ

平昌オリンピックは思うような成績を残す事が出来ずに引退を決意されたとの事。しかしながら前田沙理選手は引退を後悔され、決めていたはずなのに納得できていない自分がいたそうです。

平昌オリンピック直後に前田亮氏と結婚されており、夫の前田亮氏は力を出し切れずに悔しい思い出競技人生を終えようとしている前田沙理選手に後悔を残すなら現役続行を促したそうです。さらには前田沙理選手のサポートに徹する為に前田亮氏は自らは現役を引退されたそうです。

夫婦二人三脚で北京オリンピックを目指してきた前田沙理選手。今大会こそは自身の力を出し切れる体制は整ったのではないでしょうか。注目すべき選手であると言えます。後悔のない競技人生を送られる事を切に願うばかりです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる