小池克典のwikiプロフィール経歴!年齢身長にスポンサー年収【スケートショートトラック北京五輪】

2022年2月4日に中国・北京で開幕する北京オリンピックで、スピードスケートのショートトラック日本代表に選出されている小池克典(こいけかつのり)選手。

全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会で総合3位に入る実力者で、500mでは優勝を果たし、その結果より、ショートトラック日本代表の最後の一枠に入ることが出来ました。

そんな小池克典選手の経歴は?年齢・身長などwikiプロフィールをまとめて、スポンサー年収についても調べてみました!

目次

小池克典のプロフィール・経歴・年齢

小池克典選手のプロフィールをまとめました。

名前:小池克典(こいけかつのり)
生年月日:2000年12月30日(22歳)
※2022年1月現在
出身:長野県茅野市
所属:全日空商事

小池克典選手はウィンタースポーツの選手としてはお馴染みの全日空商事所属です。

数々のスピードスケート選手を輩出している長野県で生まれ、お姉さんは同じくショートトラックの選手として知られている小池祐奈さんで、姉の影響で3歳からスピードスケートをはじめており、スケート部のある岡谷南高校に進学しています。

小池克典選手の出身の茅野市の中でも金沢地区はスケートに熱心な街と言われておりますので、そこで育った小池克典選手がスケーターとしての道に進むのも必然だったのかもしれません。

スケート漬けの毎日を送っていた小池克典選手は大学に進学せずに全日空商事に所属を決め、現在も好成績を収めるスケーターとして活躍されており、今回念願のオリンピック日本代表として選出されました。

小池克典の身長体重・スタイル

小池克典選手の身長は165cmと少々小柄ですが、スピードスケートは膝を曲げ腰を落とした前傾姿勢で、なるべく抵抗を少なく滑走するのが成績が伸びやすいと言われていますので、小柄であることはむしろ有利です。

体重は特に公開されていませんでしたのでわかりかねますが、全体的にすらっとしたスタイルが印象的です。

また、「スケーティングが天才的」とヘッドコーチの長島圭一郎さんに言われており、今回初めてのオリンピック出場となりますが、ショートトラックの選手の中でも特にスケーティングで注目の集まる選手ではないでしょうか。

小池克典のスポンサー・年収

小池克典選手は大手である全日空商事に所属していますので、一番全日空商事のサポート受けて活動されていると思います。

その他スポンサー企業についての情報は得ることはできず、また年収についてもリサーチしましたがわかりませんでした。

ただ、全日空商事の全面サポートを受けているという事は、何社もスポンサーがつくよりも安定しているのではないかと想定されます。詳しくわかりましたらまた纏めさせていただきます。

小池克典の成績・実績

小池克典選手の2019年以降の成績・実績についてまとめました。

2019-20年 全日本ショートトラック選手権大会 総合5位/1000m 3位
2019-20年 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 500m 3位/1000m 2位
2020年 四大陸ショートトラック選手権大会 5000mリレー 4位
2020年 全日本ショートトラック距離別選手権大会 1000m 3位
2021年 全日本ショートトラック距離別選手権大会 1000m 5位
2021-22年 全日本ショートトラック選手権大会 総合3位

直近の大きな試合でもこれだけの成績を収めていますので、北京オリンピックの日本代表に選出されるのも頷けます

また得意は種目は「500m/1000m」で得意なレース展開は「先行」という小池克典選手ですが、相手選手を抜かすシーンを良く見ることもあり、徹底的に相手選手の特徴を研究する一面もあるそうで、合理的に戦術を練っていることがわかります。

まとめ

冬季オリンピックの中でも、花形競技でもあるスピードスケートのショートトラックですが、その中でも最後に日本代表に選出された小池克典(こいけかつのり)選手の経歴は?年齢・身長などwikiプロフィールにまとめ、スポンサー年収は?について調べてみました、いかがでしたか?

ショートトラックはどうしても今までの成績で判断すると、女子の方が話題になりますが、今季の男子ショートトラックは技術面でもかなりメダル獲得に近いメンバーが揃っていますので、見逃せないと思います。

地元の長野県茅野市からも大きな応援を受けている小池克典選手の、北京五輪での活躍に期待ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる