ヴィンセント・ジョウのコーチは濱田美栄で引退時期はいつ?年齢身長プロフィールも

2022年北京オリンピックのフィギュアスケート・アメリカ代表男女6名のうち、台湾系のカレン・チェンを含めると、4人が中華系です。男子代表のうちの一人、Vincent Zhou(ヴィンセント・ジョウ)選手は、アメリカ国内の大会では平昌オリンピック銅メダルのネイサン・チェンを抑えて1位になったこともあったそうです。

北京オリンピックのメダル候補になりつつあるVincent Zhou選手についてレポートします。


目次

ヴィンセント・ジョウのプロフィール・経歴・年齢

Vincent Zhou選手のプロフィールをチェックしてみましょう。

  • 名前:Vincent Zhou(ヴィンセント・ジョウ)
  • 年齢:21歳(2022年2月時点)
  • 出身:カリフォルニア州サンノゼ市生まれ
  • 身長:175cm
  • 学歴:ブラウン大学在学中
  • 練習拠点:コロラドスプリングス市

中国出身の両親のもとに生まれたVincent Zhou選手、中国語名は「周 知方」ですが、英語名に日本語のカタカナをどうあてるかでTwitter上の論争が起きているようです。それによると、「ビンセント・ジョー」や「ヴィンセント・ゾウ」は間違いで、「ヴィンセント・ジョウ」と書くべき!とのことです。

しかし、中国語の「周」をカタカナで表記するときは「ヂォゥ」と書く約束になっているそうです。また、「ジョウ」だと白人男性の名前”Joe”と混同される可能性があり、彼のエスニシティを尊重するなら「ヴィンセント・ヂォゥ」と表記すべきです! 中国語の「周」は日本語の「譲」などとは全く違う発音です。

5歳からスケートを始めたZhou選手、11歳になると競技会で1位を獲り始め、13歳でシニアの大会に出ようと考えていました。しかし半月板を損傷してしまい、14歳の頃は1シーズン競技をできなかったこともあったそうです。しかし、2017年の世界ジュニア選手権で4回転ジャンプを3回決め歴代最高得点を打ち出しました。

2018年の全米選手権では銅メダルを獲り平昌オリンピック出場を決めました。そしてこの時のオリンピックで6位、入賞となりました。

高校はオンラインスクールを選んで練習時間を確保し、現在21歳で名門ブラウン大学に在籍しているそうです。

ヴィンセント・ジョウのコーチは濱田美栄

2019年からVincent Zhou選手のコーチング・チームに、宮原知子選手紀平梨花選手を指導してきた濱田美栄さんが加わったそうでが、それ以前から濱田コーチにはアドバイスをもらっていたようです。

1994年のオリンピックで女子シングル5位入賞の佐藤有香さんが振付を担当していた時期もあるそうです。

ヴィンセント・ジョウの身長体重・スタイル

Vincent Zhou選手は、Wikipediaによると、身長175cm・体重58kgとのこと。計算すると体脂肪率9.9%なので、これ以上スリムになると痩せすぎで不健康ということになります。身長は、同じアメリカのネイサン・チェン選手が168cm羽生結弦選手が172cm、なので男子フィギュア選手の中では高いほうになります。

フィギュアスケート選手は太ってしまうとジャンプが飛べなくなるので論外ですが、痩せすぎても回転の軸がブレやすくなるそうです。

ヴィンセント・ジョウの引退時期はいつ?

フィギュアスケート選手の場合、引退よりまずプロ宣言するかどうかですが、競争率10倍以上というアイビーリーグの名門ブラウン大学に合格したZhouさんがプロスケーターになってアイスショーで生計を立てていくかというと、かなり疑問です。

大学と練習拠点の距離が3000km以上離れていることから、北京オリンピックの後も競技としてフィギュアスケートを続けるのかも微妙ではないでしょうか。

詩を書くのが好きで、ご両親が二人ともハイレベルのコンピューター技術者だったZhouさん、どんな人生を選択するのかワクワクしますね!

まとめ

以上、北京オリンピックで活躍しそうなVincent Zhouヴィンセント・ジョウ選手は中国系で身長は175cm、ジャンプの回転もすばらしいが、難関大学ブラウン大学に合格し在学中、とのことでした。

なぜフィギュアスケートアメリカ代表の選手が中国系ばかりになってしまったのかはいろいろな要因があるのでしょうが、Vincent Zhou選手の演技を見ていると、太極拳など中国拳法の動きの影響も感じてしまいます。

北京では、そんなZhou選手の体の動かし方に注目しつつ、キス・アンド・クライに濱田美栄コーチも一緒に座るのかも気になりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる